オーカス(オルカス)島でのボイスワークショップに参加して (5)

ちょっと順番がずれてしまったのですが、オーカス日記の最後になります。
最終日にオプショナルツアーということで、希望者は小さな船でビクトリア島の
沖のほうまでオルカウォッチングをするツアーに出かけました。 オルカはシャチ
の仲間で、パンダのような白黒もようが特徴です。

a0277094_1513315.jpg


前回のチャンネルアイランドへのクルーズと違って、もっと小さな船で覚悟していま
したが、はるかに揺れてきつかったです。 しかも寒かった~

宿泊先のすぐ目の前に海に続く運河があって、そこから船は出発します。

a0277094_23525025.jpg


船はこんな感じです。

a0277094_23532240.jpg


わたしは子どもの頃から車酔いがひどくて、修学旅行のバスも本当につらくてとても
楽しむどころでありませんでした。 
そんなわたしがいつの間にか強くなり、今ではこんなに揺れても船酔いをしないところ
まで来たなんて本当に感慨無量です(笑)

肝心のオルカですが、何頭か見ることができましたが、ただはるか遠くに小さく見える
感じでちょっと物足りなかったですね。 それでも潮を勢いよく吹き上げる姿も何度か
見れました。
あと一度だけ完全に海上に全身を出して、身をひるがえしながらジャンプする迫力
シーンを見ることができて、みんな大興奮でした!

残念ながらわたしのごくフツーのデジカメでは、がんばって撮ってコレがやっと。。(涙)
やっぱりいいカメラを持っていた人は高速かつズームの性能もぜんぜん違うので、
迫力ある写真が撮れていましたね~

a0277094_23565910.jpg


a0277094_2357396.jpg


その他にも愛嬌たっぷりのアザラシくんたちのスマイルにも癒されました♪

a0277094_00714.jpg


途中、無人島に希少な種類の野生の鹿たちがたくさんいましたよ。 
かなりピンぼけで申し訳ないのですが、りっぱな角でしょう?

a0277094_035565.jpg


a0277094_044928.jpg


戻る途中、最後にきれいな彩雲があらわれて、わたしたちのことを見送ってくれました!

a0277094_081869.jpg


a0277094_08556.jpg


さて4時間ほどのクルーズを終えて宿泊先にいったん戻ったわたしたち。 少し休ん
だらすぐに全員でスーザンゆかりの小さな白い教会に向かいます。 森の奥深くに
ひっそりと隠れるようにありました。 毎年クリスマスにスーザンはこの教会でコンサ
ートをするそうです。

a0277094_152180.jpg


教会の入口に嬉しそうに立つスーザン♪

a0277094_1573899.jpg


可愛らしい教会の中に入ろうとした時、教会の上空にまるで翼を広げた天使か妖精の
ような形をした雲が目に飛び込んできました! 有名なルーブル美術館のニケの像
みたい!?

a0277094_1543428.jpg


a0277094_1152745.jpg


この教会は特にクリスチャンのためのものというのではなく、島の人たちが自由に祈る
場として造られたのだそうです。
ボイスワークの最後に、この教会でみんなで自分たちの祈りを声にのせて捧げること
にしました。

教会内部にはブルーが美しい素朴なステンドグラスが。

a0277094_1554853.jpg


ひとりひとり、オーカスでの日々を振り返りながら、想いをこめて静かに声を響かせ
ます。。

a0277094_1564628.jpg


もっともっとこの教会でゆっくりと過ごしたいところなのですが、だいぶ日も暮れて来て、
最後のディナーに急がなければなりません。 

a0277094_275643.jpg


最後の晩餐にと選ばれたお店は素敵なファーマーズレストランで、敷地内の農場で
育てられる新鮮な野菜をたっぷりと使った滋味あふれる料理が並びます。 お肉も
お魚もありましたよ!
最後のデザートも優しい甘さでとってもおいしかったです♪

a0277094_282144.jpg


この日の夜はわたしたちで完全に貸切でした。 長いテーブルにみんなぎゅうぎゅうに
詰めてすわって、それはそれは賑やかでしたよ~(笑)

a0277094_2105537.jpg


レストランのオーナーのおじさま、とってもチャーミングでしょ? 張り切って最後まで
サーブしてくれました。 「おじさん、ご馳走さまでした♪ とってもおいしかったよ!」

a0277094_2125951.jpg


この日は食事が終わってからもみんなで大撮影大会になってしまい、荷づくりがある
というのに宿泊先に戻れたのはかなり夜遅くなってからでした。 とほほ。。

翌朝は7時に出発です。 いよいよオーカスともスーザンともお別れです。
フェリー乗り場から眺めるオーカスの海は、おだやかで朝日がキラキラまぶしくて
本当にきれいでした。 これからシアトルに戻り、一泊してから日本に帰ります。

スーザンによるとこんなに晴天が続くことは珍しいそうです。 
最後まで本当によいお天気に恵まれたわたしたちは、祝福されているようにも感じ
ました。
オーカス島ですごした濃密な日々は、いろんな意味で忘れられない想い出になりそう
です。

a0277094_218558.jpg

トラックバックURL : https://ayalove343.exblog.jp/tb/16675307
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yukistar88 at 2012-10-28 12:09
いや~、ため息です。
私もいっしょにオーカス島を堪能したかのようでした。

シャチは尾だけでも見えたら大興奮です。アザラシのスマイルも癒されました。
それにしてもAYAさんの写真はステキすぎ!船の水しぶきでさえも美しい。

ニケの像の雲やUFO雲もしっかり捉えていますね。空と繋がっている証拠です。
あの巻き巻き雲の小型版を見たことがありますが、滅多に出ませんです。

最後のディナーはさぞ美味しかったことでしょう。オーナーも味わいありますが、ワインも最高!

こんな素晴らしいリトリートなら、私も参加してみたいですね。
紹介ありがとうございました!
Commented by ayalove343 at 2012-11-05 02:27
Yukiさん、コメントありがとう! ハリケーンではYukiさんのことを特に心配していました。 まさかここまで大変な被害になるとは思わなかったので、わたしもショックでした。 でも2階だからとおもっていましたが、なんとか落ち着いてこられたようでよかったです。 まだまだ不便な生活を余儀なくされている皆さんに、たくさんのサポートが届くよう心からお祈りしています(わたし自身も心を向けたいです)。

わたしは一週間のカウアイから戻りました。 向こうではPCがなく、遅くなってゴメンなさい!! オーカスシリーズ、最後まで興味深く読んでくださってありがとう。
それとあのUFOっぽい雲は初めて見たので、わたしもビックリでした☆
カウアイの自然がまた素晴らしかったので(今回もお天気に恵まれて、ぜんぜん雨に会わずに済みました!)、また少しずつアップしていけたらとおもいます。 ただこれから母が上京してくるので、少し気長によろしくお願いします(笑)
by ayalove343 | 2012-10-27 02:18 | 旅(海外) | Trackback | Comments(2)

地球ライフを愛するAYAが、世界のステキな場所や日々のくらしの喜び&しあわせなひとときを、写真をたっぷり添えてご紹介します。


by ayalove343