「ほっ」と。キャンペーン

何度となく胸を熱くした夏、そして高原の夏休み


皆さま、こんにちは。 また一ヶ月以上空いての久々の更新となりました。
この夏は不安定なお天気が続いていますが、お元気におすごしですか?
わたしは夏の暑さは苦手なのですが、今年はオリンピックやその他を通じ、
何度となく思わず胸が熱くなるような日々を送っています。
といっても残念ながら恋愛ではありませんが(笑)

たくさん心で感じること、心が動くということは生きている証拠。 
すべての感情にいい・悪いはありません。 
自分が感じている感情こそが、自分にとっての真にしあわせな道を教えて
くれるのではとおもいます。
「感じること」が今の時期、とても大切なことのような気がしています。




a0277094_00422217.jpg



8日の天皇陛下のお言葉もその1つでした。 天皇陛下の誠実に真摯にご自分の
お立場・お役目を生きてこられたことに改めて感銘を受けたこともありますし、
わたしたち一人一人が「あなたは何を大切にどのように生きていきますか?」と
問われているような、そんな気がしたのです。



a0277094_00471897.jpg



オリンピックでは、日本人の活躍が目覚ましく、連日つい夢中になって観戦して
しまいました。 
もちろん日本人が今回たくさんのメダルを取ったことはとても嬉しいことですが、
個人的にはこの日までひたすら厳しい練習を積み重ねてきた世界中の各選手が、
本番で自分を信じて100%自分の力を出し切る素晴らしさ、その姿の美しさに
何より感動しました。 

特に感じたのは、日本人のチームワークの素晴らしさ(各競技、団体になるとより
力を発揮していましたよね!)と、若い選手たちが生き生きと活躍していたこと、
そして心技体すべて兼ね備えたベテラン選手たちが、最後にその実力をみごとに
出し尽くしていたことです。
世界の舞台でもメンタル面での強さを持った日本人選手が多く見られたことにも
勇気づけられました。

人間の持つ素晴らしいものをたくさん見せてもらえた気がして感謝しています。



a0277094_19585507.jpg




そして先日、大好きな友人夫婦の姪っ子さんが夏休みに上京されていて、
夕食をご一緒する機会があったのですが、若い人って希望を感じていいなぁ、
何より可愛いなぁ、しかも頼もしいなぁととっても嬉しくなりました。

わたしには子どももですが、姪っ子・甥っ子もいないので(寂しいことに・・・涙)、
若い人と話をすることがあまりなかったので、余計新鮮だったのでしょう。
これからもずっと応援していきたいなとおもいました。
(ある絵本をプレゼントしたのですが、喜んでもらえてよかったです♪)



a0277094_00513352.jpg



久しぶりに映画館で観たのが、韓国映画『あなた、その川を渡らないで』です。
長年連れ添った老夫婦の物語なのですが、その子どものように無垢で無邪気な
仲睦まじい二人の姿にとても感動しました。
人として失くしてはいけない、何か大切なものを思い出させてくれるような
美しい映画でした。








テレビで偶然観て思わず見入ってしまったのが、初めて知ったベトナム人の
ティック・ナット・ハーン禅師を紹介する番組でした。
その一言一言、丁寧に言葉を選びながら穏やかな微笑みをたたえて静かに
語る、師のたたずまいがとても印象的だったのです。

マインドフルネス瞑想に基づく生活を通じて、ひとりひとりが真の心の平和を
目指していこうという運動をされています。
ご興味ある方はこちらもご参照ください。

http://tnhjapan.org/tnh/


a0277094_21372989.jpg



また他に、藤城清治さんの美しい影絵を久しぶりにじっくり鑑賞する機会が
不思議に続けてありました。
偶然立ち寄った銀座の教文館の上の階で展覧会が開催されていたのです。
驚いたことに写真撮影OKということだったので、一枚だけご紹介します。
(作品のタイトルを書き留めるのを忘れてしまってすみません)

変わらず光と影が繊細に美しく表現されていて、単なるメルヘンを超えた
豊かで幻想的な世界、そして力強いメッセージにとても心惹かれました。
90を超えたご高齢の藤城画伯、作品にかける情熱はますます高まっている
ようにも感じます。



a0277094_18301419.jpg



長くなりますが、先週末に長野の友人を訪ねて信州の高原に出かけてきました。
車山高原というところに一泊したのですが、近くには白樺湖があります。
初日はあいにくの大雨に見舞われたので、急きょ予定を変更して龍神の池のある
真楽寺へ立ち寄ることにしました。
本降りの雨だったこともあり、行った時は他に誰もいなくて、ゆっくり参拝する
ことができました。

湧き水からできた池ということで、水が澄んでとてもきれいで、底に生えている
美しい藻の緑がはっきりとあざやかに浮かんでいます。
その水の色が何ともいえず神秘的で、しかも水面が不思議にキラキラといろんな
場所が光るので、友人と絶対にこの池(沼?)には龍が棲んでるね!と思わず
話したのを覚えています(池のほとりには青龍を祀った小さな祠がありました)。



a0277094_18422292.jpg


見てください! ほら、本当に龍がいるんですよ~


a0277094_18460126.jpg



長い石段の上には観音堂が。 


a0277094_18541157.jpg



大好きな石仏。 ふくよかな優しいお顔に心が和みます。



a0277094_18552681.jpg




この日は夕方真っ白な濃い霧の中宿へ向かい、ゆっくりすごしました。
翌日も山の天気ということで悪天候も覚悟していたのですが、珍しく
早く目が覚めて外を見るときれいに晴れて、目の前に山々が連なって
いるのが見えます。

その時です、ちょうど正面にそびえる蓼科山の頂上から、まるでダイヤ
モンド富士のように朝日が昇ってきたのです!
素晴らしい日の出を拝むことができ、その神々しい光に圧倒されつつも
しあわせな気持ちになりました。



a0277094_19122101.jpg



八ヶ岳の稜線もくっきり見えます。
美しく連なる山々を眺めながらの早朝の展望露天風呂は、お湯もやわらかで
とても気持ちよかったです。



a0277094_19202510.jpg



チェックアウトするとすぐに車山高原へ向かいます。 リフトを乗り継いで
山頂まで快適に行くことができました。
山頂には白い鳥居が美しい車山神社があって、まずは参拝してからゆっくりと
あたりの散策を楽しみました。



a0277094_19262617.jpg



a0277094_19270180.jpg



ぐるっと見渡す限り絶景が広がります。 最高のお天気に恵まれました。



a0277094_19275104.jpg



a0277094_19280535.jpg



a0277094_22460175.jpg



a0277094_19281600.jpg



こんな可愛らしい山ガールたちも♪



a0277094_19305483.jpg



わたしも恥ずかしながら記念に一枚。



a0277094_22384698.jpg



可憐なお花たち、そしていろんな虫たちとの出会いもありました。



a0277094_19314823.jpg




a0277094_19320099.jpg




a0277094_19345604.jpg



山の上では緑も青空もこんなに濃くて、すべての生命が輝いてまぶしかったです!
どこを見てもまさに「夏!」といった感じでした。



a0277094_19323298.jpg



a0277094_19324732.jpg



a0277094_22463967.jpg



帰りのリフトでは、さわやかな風を感じながら素晴らしいパノラマの景色を
楽しむことができました(最初はちょっと怖かったのですが・・・笑)。 
見つけた四つ葉といっしょに山を下りました。 



a0277094_19331175.jpg



a0277094_19331828.jpg



車山高原をあとにしたわたしたちは、白樺湖畔にある藤城清治さんの作品が
観られる影絵美術館に立ち寄り、最後に牧場へ寄ってミルクが濃くておいしい
ソフトクリームを食べることができて大満足でした(笑)
この日のビーナスラインのドライブは本当に気持ちよかったです!



a0277094_19333139.jpg



たった一泊二日の旅でしたが、大好きな信州の高原ですごすことができて
友人ともゆっくり話すことができ、楽しい思い出になりました。
やっぱり自然はいいですね。 年々豊かな自然の中ですごす時間に深い
喜びを感じます。

皆さまも引き続き素敵な夏をおすごしくださいね♪



a0277094_20010605.jpg



# by ayalove343 | 2016-08-24 20:03 | 旅(国内) | Trackback | Comments(0)

古代蓮の里を訪ねて

皆さま、こんにちは。 関東は水不足がちょっと心配ですね。
いつもよりさらに少し気を付けて、水を大事に使うようにしたいですね。

わたしは去年から気になっていた、行田市にある「古代蓮の里」に先日
行ってきました。 
古代蓮についての説明も含め、詳細はこちらのHPをご覧ください。

 https://www.ikiiki-zaidan.or.jp/kodaihasu/

行田駅前から蓮の開花の時期に合わせてシャトルバスが出ているので
とても便利です。
あまり下調べをせずに出かけたのですが、敷地内はおもったよりも広くて
見ごたえがありました(驚いたことに入場料は無料でした)。

古代蓮がちょうど見ごろを迎えていて、あでやかなピンク色の蓮の花が
たくさん池から立ち上っていて、とても幸せな気持ちになりました。
それでは古代蓮の世界をどうぞお楽しみください♪
(似たような写真が続いてしまいますが。。)


a0277094_0273783.jpg



a0277094_028646.jpg



a0277094_028446.jpg



a0277094_0291079.jpg



a0277094_0312680.jpg



a0277094_031467.jpg



a0277094_039303.jpg



a0277094_101952.jpg



a0277094_0402335.jpg



a0277094_183447.jpg



ピンク色の他に白い種類の花もあって、そちらも何とも言えず上品で優雅で
とても素敵でした。
(蓮の花って改めてよく見ると、本当に不思議な形状をしていますよね)


a0277094_035319.jpg



a0277094_153238.jpg



a0277094_154731.jpg



a0277094_133173.jpg



そしてこの日、わたしはとても珍しいトンボを見かけました。
チョウトンボという種類で、ブルーの玉虫色に光るチョウのような羽を持って
いるのです。 本当にチョウのようにひらりひらりと舞うように飛ぶのですが、
その不思議な美しさにすっかり魅了されてしまいました。


a0277094_0444743.jpg



チョウトンボについてはこちらをご参照ください。

 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%A6%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%9C


8月始めごろまで古代蓮は楽しめるようですが、7月中のほうがよさそうに
おもいます。 皆さまもよろしければぜひ行かれてみてはいかがでしょうか。
ただしお昼すぎには蓮の花は閉じてしまうので、午前中にどうぞ♪

# by ayalove343 | 2016-07-10 01:12 | 自然 | Trackback | Comments(2)

充実した6月でした~夏至を迎えて~

気が付けば7月。 夏至もすぎてしまいましたね。 
とても蒸し暑い日が続きますが、体調など崩されていませんか?
今日わたしは期日前投票に行ってきました。
空いていてサクッとできてとっても快適でしたよ。 
当日都合が悪くて選挙に行けない場合も、こういう制度があると助かりますね。

改めてこの6月は振り返ると、いろんな意味で盛りだくさんで充実したひと月
だったなぁと感じています。 
そこで少し振り返ってご報告できたらとおもいます。


a0277094_2246123.jpg



6月の月初にはもう20年ぶり(!)くらいになるのではとおもうのですが、
久しぶりに母校(中・高時代の)に行く機会がありました。
キリスト教系の学校で、礼拝にもこの日は参加することができ、とてもなつかしい
気持ちになりました。 クリスチャンではありませんが、讃美歌を歌い聖書を読み、
お祈りをするひとときは、心が不思議に落ち着き安まる、素敵な時間となりました。


a0277094_2253985.jpg



中でもとても心に響いた美しい聖句がありました。

 「いまだかつて神を見た者はいません。
  わたしたちが互いに愛し合うならば、神はわたしたちの内にとどまってくださり、
  神の愛がわたしたちの内で全うされるのです。」
    
                       ヨハネ手紙一 第4章12節


a0277094_1124849.jpg



母校訪問の次は、こちらも久しぶりの参加となった「奇跡のコース」のシェア会。
「奇跡のコース(コース・イン・ミラクルズ)」については今ではいろいろなところで
セミナーが開催されていたり、関連書籍もたくさん出ています。
わたしは友人たちがスタッフをしていることもあり、ご縁のあるこちらに参加させて
いただいています。
   
    http://jp.crsny.org/index.php/in-japan/

最近では時折しか参加していないのでお恥ずかしいのですが、それでも久々の
シェア会で参加者の皆さんのそれぞれのお話を伺いながら、自分の心の訂正
(日々起こることへの理解やとらえ方、物の見方など)が着実になされる気持ちよさ・
喜びを感じることができました。
やはりこういう時間は日常を生きる上で、とても大切だなぁと改めて感じました。


a0277094_033508.jpg



月の半ばには友人夫婦と、NYから一時帰国しているKiyomiさんのご実家のある
伊豆を案内していただきました。 Kiyomiさんの運転で七滝温泉に一泊し、
たくさんの滝めぐり、そして伊豆半島のドライブを満喫することができました。 
地元出身のKiyomiさんのご案内のおかげです。 本当にありがとうございました!


石川さゆりの「天城越え」で有名な常連の滝。こちらではお勧めのおいしいわさび
漬けをGETすることができました。
このあと立ち寄ったドライブインでいただいたトコロテンもおいしかったです!


a0277094_23324931.jpg



ドライブ中に偶然見つけた隠れ家的な素敵なカフェ。おいしいコーヒーでした♪


a0277094_23365499.jpg



a0277094_23372065.jpg



そしてこちらでもお伝えしていた24日の初の絵本セラピー。
おかげさまで長野から友人が来てくれたり、仕事を休んで中学時代の友人が来て
くれたり、絵本セラピストの先輩方もいらしてくださり、メンタルセラピスト関係の
皆さまにもお越しいただき、本当に感謝感激の忘れられない日になりました。

まずはこのようなデビューの機会を作ってくださった大先輩の山本さんに、心から
感謝しています。 事前の準備も当日のお手伝いもほとんどしてくださったおかげで
わたしは自分の絵本セラピーのことだけに集中できました。

この日は1時間半のプログラムを用意しました。 テーマは「感じてみよう」です。
特に都会で生きるわたしたちはどうしても忙しいあまり、頭で考えることに追われて
しまい、感じることはどうしても二の次になってしまいます。
そこで少しの時間ですが、自分のことをいろんな角度から改めて「感じてみる」時間を
持っていただけたらとおもい、バラエティに富んだ素敵な6冊の絵本を選びました。


a0277094_0125478.jpg



呼吸を感じてみたり、今の気持ちを感じてみたり、季節を感じてみたり、からだを
感じてみたり、自然を感じてみたり、目に見えないものを感じてみたり。。。
「感じる」ということはとっても素晴らしいことで、わたしたちの人生をいろいろな
意味で豊かにしてくれます。
時には少し立ち止まって丁寧に「感じてみる」、とても大切なことのようにおもいます。


最後に皆さんと記念撮影♪ 
皆さん、シェアタイムの時はとっても楽しく盛り上がっていらっしゃいましたね~


a0277094_0184636.jpg



この日はわたしのセラピーのあと、皆さんご一緒においしい紅茶とお菓子をいただく
時間がありました。 この時に皆さんお一人ずつから温かい感想をたくさんいただき、
幸せで胸がいっぱいになりました。
「語りがとても心地よかった」「優しい気持ちになった」「選書がよかった」「初めてでも
落ち着いていた」など、本当にありがたかったです。

初めて絵本セラピーを体験していただいた方も多かったのですが、リラックスして
楽しんでいただけたようで、また初めて会う方同士でも絵本を囲むと不思議に自然と
打ち解けて仲良くなっていただけるのでしょう、さらにお茶して帰られたそうです。
絵本セラピーの真髄はそういった和やかにつながれる安全な「場づくり」にあるので、
わたしも何より嬉しいことでした。

まだ次回は未定ですが、これからもよいプログラムをひとつひとつ大事に考えて、
カフェなどの素敵な場所で皆さまにお届けできたらいいなとおもっています。


a0277094_0354124.jpg



さらに月末には「ソウルプラン」のセッションをご家族4人分まとめて受けていただく
機会がありました。 このようなケースは初めてでしたが、ご家族皆さんを一度に
見せていただくことで、ご家族の中で共通のテーマがあったり、お互いに補い合ったり
支え合ったりしている、その関係性がとてもよく見えてきて感動しました。

わたしたちはこのようにして家族を選んでくるのだなぁ、このテーマに取り組むために
このメンバーで家族になっているのだなぁということが改めてわかり、自分にとっても
素晴らしい学びとなりました。
毎回クライアントの方のソウルプランを見せていただくことで、人生への理解がさらに
深まっていくのを感じています。


a0277094_0515634.jpg



月末には夏の大祓の時期ということで、地元の神社へ茅の輪くぐりに出かけました。
今年も半分すぎましたが、ここで一度心身ともにしっかりと整えて、また今年の後半に
向けてしっかりと丁寧に進んで行けたらとおもっています。
(そういえば6月には婦人科健診も受けました。 こちらも大事なことですよね)


a0277094_194070.jpg



4日は新月、7日は七夕ですね♪ 
皆さまの心からの願い事が素敵に叶いますように。。。

# by ayalove343 | 2016-07-05 01:13 | 近況報告 | Trackback | Comments(0)

6月24日 絵本セラピーのご案内 in 浜町

早くも梅雨入りとなりましたね。 すっきりとした晴れの日がしばらくの間
おあずけになるのは寂しいですが、大好きな紫陽花がだんだんときれいに
色づいてきて、やさしく慰めてくれます。 
紫陽花が好きな人は多いようで、わたしの友人たちも紫陽花を見に行くのを
楽しみにしているようです。 皆さまは何色の紫陽花がお好きでしょうか?


a0277094_23395623.jpg



今日は絵本セラピーのことを少しご紹介したいとおもいます。
セラピーと銘打っていますが、お茶などを飲みながら大人の皆さまに絵本の
世界をリラックスして楽しんでいただける会です。
ただし朗読の会とはまた少し違っています。

具体的には、大人のかた向けにあるテーマに沿って選んだ5~6冊の絵本を、
1時間半ほどのあいだに順に読み聞かせをさせていただき、参加者の皆さまで
自由に感想をシェアしていただいたり、絵本の内容に関する簡単なこちらからの
問いかけにお答えいただいたりしながら進めていきます。

大人になるとまず誰かに絵本を声に出して読んでもらう機会はほとんどないの
ではないでしょうか。
読み聞かせをしてもらうと、自分でページをめくりながら黙って読むのとはまた
違って、なんとなく心休まるものを感じていただけるようです。


a0277094_22243676.jpg



しかも大人が絵本を読むと、単に絵本のストーリーを追うのではなく、知らず
知らずのうちにご自分のこれまでの人生に照らし合わせながら内容を読み取って
いかれるため、自然とその人に必要な気付きや感情の解放、癒しのようなものが
起きたりすることもあります。

そして何より同じ絵本を読んでも、皆さんひとりひとり感想がちがうところが
すばらしいところなんですね。 どう感じてもすべてOK! 
また答えたくなかったり、考えがまとまらなかったりよくわからないときは、
無理にシェアしていただかなくてもだいじょうぶ、パスしてOKなんです。
それが絵本セラピーという場の魅力です。


http://www.ehon-therapy.jp/about/


a0277094_093872.jpg


今月の24日(金)に基礎絵本セラピストとして、初めて絵本セラピーをさせて
いただくことになりました。
場所は都営新宿線の浜町という駅から歩いてすぐの、絵本セラピスト協会の
セミナールームになります。 午後1時から始めて3時には終わる予定です。


会場の詳細はこちら。  http://www.ehon-therapy.jp/room/


この後ティータイムが入りまして、お茶とお菓子をお出しいたします。
3時半からは大先輩の絵本セラピスト山本潤子さんによる、絵本を使った特別な
メンタルセラピーのワークがあります。 5時半に終了予定です。
山本潤子さんは素晴らしいカウンセラーとしても長年ご活躍されています。
わたしも尊敬し、また多くの絵本セラピストの憧れの方でもあります。

聞く人の心に静かに深くしみ込んでいくような、おだやかで優しい語り口が
とっても素敵な潤子さんは、いろんな場で幅広く絵本の活動もされています。
そのお人柄を少しは感じていただけるのではとおもいますので、よろしければ
ぜひこちらもご覧ください。

http://ameblo.jp/cyokocyoko52/entry-12113928111.html


この日はわたしと山本さんのワーク、合わせて3000円となっています。
参加される場合は当日、筆記用具をお持ちください。
絵本セラピーがどういうものなのか、なかなか説明するのが難しい面もあります
ので、ぜひ一度実際にお気軽に体験していただけたらとおもいます。

お申し込みは ayalove343★gmail.com (★を@に変えてお使いください)


しっとりとした雨の季節、久しぶりに絵本を楽しむひとときはいかがでしょうか。
素敵な絵本とおいしいお茶を用意して、皆さまのお越しをお待ちしています。


a0277094_0585412.jpg

# by ayalove343 | 2016-06-06 00:40 | 絵本 | Trackback | Comments(0)

5月の沖縄~御嶽(うたき)めぐりの旅

先週末、長崎の知人の呼びかけで、梅雨入り直前の沖縄へ2泊3日で
行ってきました。(実際帰ってきたまさに翌日、梅雨入りしたので
ビックリしました!)
旅自体が久しぶりだったこと、そして沖縄は初めてだったこともあり、
とても心に残るよい旅になりました。

3日間ともお天気に恵まれて、真夏のような暑さの中でしたが、
知人のナビゲートであまり観光客が行かないような御嶽をいくつか
めぐってきました。
地元のしきたりに従って、お線香や塩、お酒、穀物などをお供えし、
祝詞をあげて、きちんとご挨拶をして回りました。

行きの飛行機は席が窓側だったので、那覇空港に降りる直前に
早くもきれいな海を見ることができました。
ブルーとグリーンが混ざり合った神秘的な美しい色合いに、思わず
見入ってしまいました。


a0277094_21292937.jpg



a0277094_2129474.jpg




次にホテルからの眺め。 目の前がビーチなのですが、GW明けだった
からでしょうか、人も少なく海もきれいで毎日うっとり眺めていました。


a0277094_21323421.jpg



a0277094_21325685.jpg



ホテルから少し歩くと、海に突き出た細い桟橋があって、まるで海の上を
歩いているかのようでした。 
沖縄の海って本当にきれいなんですね。


a0277094_2133566.jpg



a0277094_21341338.jpg



夕暮れ時の空もとてもきれいで、海だけでなく空の色にも魅了されました。


a0277094_21362968.jpg



a0277094_21364486.jpg



a0277094_21451666.jpg



いかにも南国らしいハイビスカスがきれいに咲いていました。


a0277094_21521878.jpg



初日は午後ホテルに入り、あとはホテルでゆっくりすごせたので、朝4時半
起きのからだにはありがたかったです。
2日目はホテルでおいしい朝食をしっかりいただいた後、車で合計3か所の
御嶽をめぐりました。

まずは神々の住む島と言われている浜比嘉島へ向かいます。
シルミチューとアマミチューという男女の神さまゆかりの御嶽を訪れました。
緑がうっそうと茂り、ひっそりと静まり返った、守られた場所という雰囲気の
本当に素晴らしいところでした。 
さらに歩いてすぐのノロの墓とハマガーと呼ばれる場所にも立ち寄りました。

このあたりの海の景色はまるで天国のようなおだやかな美しさに満ち溢れて
いて、素足で歩くと暖かい波がとても優しく心地よかったです。
聖なる場所ということで、今回は御嶽そのものを撮影することは控えたため、
周辺の景色で雰囲気を感じ取っていただけたらとおもいます。


a0277094_225411.jpg



a0277094_21593019.jpg



a0277094_21595153.jpg



a0277094_22113618.jpg



a0277094_22010100.jpg



a0277094_2203347.jpg



a0277094_22121325.jpg



ブルーのアンダラ・クリスタルのハイヤーハートを持参してきていたので、
こちらの海にも入れて浄化させていただきました。
心なしか石の輝きが増したような気がします。


a0277094_2214364.jpg




ここ浜比嘉島は、わたしが今回一番好きな印象深い場所となったのですが、
立ち去りがたい想いでいっぱいの中、次の目的地、世界遺産にもなっている
今帰仁城跡へ向かいます。

今帰仁城についてはこちらをご参照ください。 http://nakijinjo.jp/



a0277094_2225488.jpg



a0277094_2226525.jpg



ここは世界遺産ということもあり、大勢の観光客でにぎわっていましたが、
わたしたちはお城跡が目当てではなく、そのお城を守るために祈りが捧げ
られていた近くの御嶽2か所に行きました。 いずれも火の神さまです。
うっそうと草が生い茂る道もよく見えないような場所に分け入っていくの
ですが、こちらの場所は非常にパワフルで厳かな雰囲気が漂っていたので、
ちょっと緊張しました。


a0277094_22243814.jpg
  


a0277094_22245932.jpg
  


a0277094_22252128.jpg
 


写真ではうまく撮れなかったのですが、この場所にはたくさんのいろんな
種類のきれいな蝶があちこち優雅に飛んでいて、なにか特別な雰囲気のする
ところでした。
そして気を付けてはいたのですが、こちらでは蚊にかなり刺されましたね(笑)

この日は移動距離が長いため、お昼はドライブインのようなところで軽く
済ませることになり、最後の目的地、古宇利島へと向かいました。

古宇利島についてはこちらをご覧ください。 http://kourijima.info/about/



a0277094_2237979.jpg



アップにすると、なんともロマンチックな説明が。


a0277094_2244472.jpg



祠の上にはこんな可愛らしいツインのシーサーが。
小さくてもきっとしっかりと守ってくれているのでしょうね。


a0277094_22465643.jpg



この場所も本当に眺めもエネルギーも気持ちよく素晴らしいところでした。


a0277094_2249589.jpg



a0277094_22492399.jpg



a0277094_22494174.jpg



とっても解放的な雰囲気にあふれ、海の色が濃くあざやかでまぶしかったです。


a0277094_2250382.jpg



a0277094_22512032.jpg



お天気がよいのはありがたかったのですが、あまりの暑さと長距離移動に、
かなりこの日は体力を消耗しましたね。
ただ2日目にすべて予定していた御嶽をめぐることができたので、最終日は
チェックアウトまでホテルでまたゆっくりすごすことができました。

そこでホテルのアクティビティの一つ、グラスボートに乗ってみることに。
船底が透明になっていて、海中を泳ぐ魚たちの姿を見ることができます。
かなり動きが早いので、あまりうまく写せずわかりにくくてゴメンナサイ。


a0277094_22595873.jpg



a0277094_2301822.jpg



チェックアウト後まだ少し時間があったので、海の見えるラウンジでのんびり
お茶をしたのですが、そのときオーダーしたピーチジュースとヨーグルト
ベースのノンアルコール・ドリンクが、甘すぎずとってもおいしくて、最後に
またしあわせな気分にさせてくれました。


a0277094_2354368.jpg



ホテルのスーベニア・ショップで今回の旅の思い出に購入した、小さな青い
陶器のシーサーくん。 あまりの可愛さにひとめぼれしてしまいました♡


a0277094_23114680.jpg




沖縄の海は本当に魅惑的な美しい色をしていて、緑も濃く、日差しも強くて
すべてに力強いいのちのエネルギーを感じました。
わたし自身もこれから生きていく上で、心身ともに温かくパワフルな癒しと
励ましをいただいたような気がします。

今回は有名な斎場御嶽や久高島へは行けませんでしたが、それでも知人が
案内してくれた場所は、いずれもあまり人が押し寄せない分、神聖な雰囲気が
色濃く感じられる、とても心に残る美しいところでした。

きっと島へ行ったらもっともっとさらに海がきれいなのでしょうね。
違う島へもいつか行く機会があれば、ぜひ訪れてみたいです。
今回の沖縄の旅は、自分への少し早い、素敵なバースデー・プレゼントに
なりました。 沖縄の神さまに改めて感謝したいとおもいます。

# by ayalove343 | 2016-05-21 23:27 | 旅(国内) | Trackback | Comments(0)