この間のLA行きが3日後に迫ったある日の夜のこと、テレビに油絵で描かれた星空の絵が一瞬映った。 
ほんの一瞬のことなのに、その星の輝きに完全に心が奪われてしまい、この星の光をこの目で実際に
観てみたい!とおもった。 「小堀四郎」という人の絵らしいが、初めて聞く名前だ。
とにかくどこの美術館でやっているのかだけ、近くにあった紙に急いでメモした。
そうしたらあいにく東京ではなく、なんと信州の茅野である! でも何度も新宿からあずさで松本方面に
行ったことがあるわたしは、よし、明日日帰りで行ってみよう!と迷わず決めたのだった。
あの星たちにわたしは呼ばれている、そう感じたから。

翌朝新宿を9時に出るあずさに乗り込むと、11時半に茅野に着いた。 ラッキーだったのは美術館が
駅に直結しているのですぐに観賞できること。 会場には人がいなくて、静寂の中ほぼ貸し切り状態で
じっくり観て廻ることができた。 
初期の作品には人物画や静物画があるが、後半になると星空、夜空、月夜を描いた作品が多く、タイトル
やテーマが非常に哲学的になってくる。 「生命の神秘」という自然を描いたシリーズやずばり「人生とは」
などという作品もある。

小堀四郎はどの画壇にも所属することなく、真に自分の芸術の道を究めるべく、また自らの精神性を少し
でも高めるべく、商業主義とは一切無縁にひたすら孤高に歩んできた画家だと知った。
星を描くようになったのは、戦時中に疎開先の信州で寒さ厳しい冬の夜道を歩いていた際、見上げた
夜空に輝く星があまりに美しく魅了されてしまったからだという。
小堀が感激したその星の光に、なぜかわたしもまた同じように強く魅せられたのだった。

何となく重い感じがしてわたしは油絵はあまり好きではないのだが、不思議に小堀の描く星々は本当に
瞬いているように見えて、絵の前に立つとその星空の漆黒と星の輝きに吸い込まれそうになる。
ずうっと観ていても飽きない。 立ち去り難くなってしまうのだ。
星の光に力があるというか、星の輝きが何か自分に訴えかけてくるような感じがしてならない。

シリアの砂漠を旅した時の夜空を描いた星の三部作があるのだが(「宵の明星」「深夜の星」「暁の星」)、
いずれも非常に大きな作品である。 これらが築地にある教会の神父の目に留まり、「貴方(小堀のこと)
の星の絵の前で一時間考えさせられましたが、あれはカトリック教会の信、望、愛を良く表現しているの
で、聖堂の祭壇に飾らせて下さい」との申し出があったという。 
小堀はそれに応じ、しばらくの間この三部作が築地の教会に飾られていた時期があったそうだ。

わたしもこの一連の星の作品群は教会に置かれるのがまさにふさわしい気がして、思わず納得してしまった。  美術館ではなく、むしろ教会でこの三部作をわたしも心ゆくまで静かに眺めてみたかった。
自分の在り方、生き方について深く静かに問いかけてくるような、そんな作品に出会えたことをとても幸せ
に感じる。 このひときわ清冽な強く美しい光を放つ星が、自分のこれから歩んで行く道を常に照らし、導いてくれるようで心強くもある。
小堀自身の誠実で謙虚で真摯な生き方がそのまま表れているような、そんな本物の星の輝きを目の前
にする貴重な機会に恵まれたことに心から感謝したい。


 (すでに終了していますが参考までに) 茅野市美術館「小堀四郎展」概要

 
   
    http://www.chinoshiminkan.jp/museum/2012/0728/index.htm



a0277094_19574663.jpg
 



a0277094_1958998.jpg

# by ayalove343 | 2012-09-20 20:06 | アート | Trackback | Comments(2)
今日は何年経っても個人的に特別な日。 一年でいちばんニューヨークを愛おしく思い出す日。。
大好きだったニューヨーク、今でも遠いあこがれを心のどこかで抱き続けているニューヨーク。

この10年の間に、いったい何度この街にくり返し飛んで行ったことだろう! 一時はまるで
取り憑かれたかのように夢中になって通い詰めた鮮烈な街。 

わたしなりのニューヨークを、今まで撮りためた写真たちでもって表現できたらいいなとおもう。
(今回はマンハッタンの風景のみ、なるべくこの季節を写したものにしました)

またいつか、じっくり歩いてまわれる日が来るといいな。 できれば紅葉真っ盛りのニューヨークを
おもう存分歩いてみたい。 きっと熱いコーヒーがとびきりおいしく感じられるにちがいないから!




a0277094_7572581.jpg


a0277094_7564366.jpg


a0277094_82520.jpg


a0277094_1064574.jpg


a0277094_2250192.jpg


a0277094_22502886.jpg


a0277094_22504637.jpg


a0277094_2334825.jpg


a0277094_232430.jpg


a0277094_23451368.jpg


a0277094_2251339.jpg


a0277094_22511912.jpg


a0277094_104177.jpg


a0277094_22513559.jpg


a0277094_22515820.jpg


a0277094_2372013.jpg


a0277094_22521946.jpg


a0277094_23383845.jpg


a0277094_22524523.jpg


a0277094_1016549.jpg


a0277094_7514447.jpg


a0277094_22533653.jpg


a0277094_2255294.jpg


a0277094_2254436.jpg


a0277094_2330125.jpg


a0277094_16483119.jpg


a0277094_23322023.jpg


a0277094_225426100.jpg

# by ayalove343 | 2012-09-11 00:01 | お気に入り | Trackback | Comments(6)
今回のLA滞在もあっという間にすぎてゆき、日本に帰る日が来ました。 レックスともまたしばらく
お別れとなります。 彼のほうは、いつも突然やってきてはある日また急に消えるわたしのことを
どうおもっているのでしょうか。 言葉が話せたら一度ぜひレックスに聞いてみたい、毎回この同じ
想いに駆られるのです。。 「レックス、ごめんね。。 また来るからね♪」 


a0277094_2154111.jpg



今回は行きも帰りもフライトはいたって順調で、ほとんど揺れることなく快適でラッキーでした。
LAからの帰りは11時間ほどかかりますが、長いようで気が付くと日本にだいぶ近づいてきました。
窓側の席に座れた時は(一人旅でも毎回希望しますが)、今の空の雰囲気に合う好きな音楽を聴き
ながら飽きずに空を眺めます。 もう何十回と空を飛んでいても、毎回空を見ずにはいられませんし、
見ていると決して同じことのない、その刻々と変化していく色や表情、雲の形などの無限の豊かさに
いつも心を奪われずにはいられません。 これからも決して見飽きることはないのでしょうね。。

それにしてもなんとも言えない繊細な色合い、次々に変化していく美しい色のグラデーション。。
まるで淡く繊細な色彩の美しい印象派の絵のよう(わたしの拙い写真ではとても伝えきれない、この
何十倍も何百倍も美しかったのです!)。 眺めていると何だか吸い込まれそう。。
大げさでなく毎回そんな魅惑的な空に恋に落ちてしまいます。 わたしにとっての永遠の憧れです。



a0277094_541103.jpg


a0277094_5413125.jpg


a0277094_542769.jpg


a0277094_5422545.jpg


a0277094_5424114.jpg



そしてそんな大好きな空を眺める旅ももう終わりです。 日本の街の灯りが見えてきました。
久しぶりに見る東京のまだ薄明るい夜景は、どこかやわらかく優しげな表情をしていました。。
 
「東京、ただいま。」 


a0277094_5501821.jpg


a0277094_5501246.jpg


a0277094_5505441.jpg

# by ayalove343 | 2012-09-08 06:06 | LA | Trackback | Comments(2)
今回の滞在中のある日、クライアントさんが何やらチャンネルアイランド?というマニアックな島へ、ダイビングに行くらしいという話を彼が聞いてきたのですが、二人して「チャンネルアイランドって聞いたことないけど、それってどこよ??」ということになり、なぜか揃って興味が湧いてしまったのです!(果たしてよかったのか悪かったのか!?)
そのクライアントさんも詳しいことはこれから調べるとのこと。

ガイドブックには当然載っていないはずもなく、あれこれ検索したりして情報収集。 ひそかに頼りにしていたHISにも聞いてみたのですが、彼らですら「名前はなんとなく聞いたことはあるのですが・・・すみません、よくわからないです」とあえなく言われてしまい、とにかくチャンネルアイランドへの日帰りのボートツアーの発着場所と時刻だけは何とかGETして、行ってみることにしました(レックスはかわいそうですが、連れて行けないのでペットホテルに預けました)。

チャンネルアイランドについては以下のサイトに比較的わかりやすくまとまって紹介されています。 ご参照ください。

http://usnp.exblog.jp/6050268/

http://www.kazuhiro-yamada.com/scene/california/channel_islands/index.html


国立公園に指定されているくらい、とにかく手つかずの原始の自然を保護するため、上陸もかなり制限されているような島なので、島には水場などなく、ましてやお店など一軒もないため、飲み水から食べ物からすべて持ち込まないといけません。
そして当然のことながら、出たゴミはすべて各自責任を持って持ち帰り、また島のものは石も植物も、道に落ちているものでさえ一切外へ持ち帰ってはいけないルールになっています。

このことを知った時点で、わたしは「え~、なんだか不便そうだし、トイレもなかったりするのかなぁ。。 まさか外でするしかないのか!?」と早くも腰が引き気味、「どうせならカタリーナアイランドのような、もう少し観光地化された楽しいリゾートっぽいところのほうが。。」などと言い出したり、へへ。。
でもパートナーのほうは「そんなんじゃこれからの時代、サバイバルできないよ! たまには鍛えなさい!!!」などと実にエラそーにのたまい、仕方なく?行くことに。。

朝早く起きてとりあえず夏場なので塩を強めに効かせたおむすびを作り、チキンウィングのフライと温野菜を少し、それとブドウとバナナ&チョコレート、ポテトチップスと水を用意。 手分けしてリュックに詰め込んで出発です!(彼のリュックには、いざという時のために?実はこっそりトイレットペーパーを奥の方に忍ばせておきました。 もちろん手を消毒するジェルも!)

9時半に出るボートに乗るため、サンタモニカから車で1時間ほど海沿いを北上したオックスナードの港を目指します。 
ただあいにくこの日は朝からどんより曇り気味。 港までの道は渋滞もなく順調に港に到着! すでに大勢の観光客が集まっています。 
こんな何にもない島なのにキャンプをして宿泊しようというツワモノ(主に若者)も中にはいて、それこそものすごい荷物を背負ったり、重そうな水のタンクを手に下げたりしています。 実にたくましいっ!!!
彼も何か言いたげに、ここぞとばかりにわたしの顔をジロッと見ます。 ふん! わかってますよ~だ!!

船といってもなんだかいまいち冴えないクル―ザ―といった感じ(写真左のちっさいほう)。 こんなに大勢乗れるのかしらと心配になるくらい。 シートはちょっとザラザラしていて長いこと座っていたらお尻が痛くなりそう。。


a0277094_465827.jpg


いよいよ出港! どんよりとした曇り空の下、海上をぐんぐんと飛ばして進んで行きます。 ちょっと肌寒いので用心して持ってきたフリースをあわてて着ました。 でもすごく助かったのは、冷たいドリンクだけでなく、温かいドリンクも船の上で買えることがわかったこと。 これでホッとひと安心です! トイレも意外にきれいでしたよ。

a0277094_4112776.jpg


ここらへんの海底では、どうやら石油が採れるようですね。 初めて間近で見ました。

a0277094_4132224.jpg


出発して1時間ほどすると、遠くにかすかに島らしいものが見えてきました! やけに細長い島ですね~

a0277094_4152059.jpg


さらに30分ほど進むと、今日わたしたちが立ち寄る一番手前の島、アナカパアイランドがだいぶ近づいてきました(チャンネルアイランドは5つの島々から成っているのです)。 すごい不思議な形をした岩でできた島が次々に現れます。 灯台もあるみたいですね。

a0277094_420666.jpg


a0277094_4202450.jpg


11時にアナカパの船着き場に到着です! ずいぶんと切り立った崖のようなところにあって、船を降りたらいきなり長い階段を登らなければならないみたい。 かなりキツそうな。。 やれやれ(涙)

a0277094_4224340.jpg


a0277094_423259.jpg


この船着き場の海面に何やらかなり大きな海藻がプカプカ浮いていて、これはケルプというそうです。 海の水はさすがに澄んですごくきれいです! 崖にはいくつか洞窟の入口が見えています。 ナポリの青の洞窟みたいな感じ? 

a0277094_5291240.jpg


a0277094_5274179.jpg


a0277094_426273.jpg


島に上がってみたら、もっと涼しいのかと思いきや、ボートの上よりもずっと蒸し暑くて(曇っているのに!)ビックリ!! 晴れてたらもっと暑かったでしょうから、曇っていてむしろ正解だったようです。 
しかももっと緑豊かな島かとおもっていたのに、むしろ反対に乾き切って荒涼とした寂しい秘境の島といった風情。 帰りのボートのお迎えは午後の3時。 それまでこの島に残されて本当に大丈夫なのかなぁ。。

トレイルらしき道を仕方なくとぼとぼ歩き始めると、ねずみ色をしたカモメ?のような鳥を発見! これがきっと珍しい貴重なアメリカオオセグロカモメなのでしょうか? わたしたちが近づいても意外に逃げない感じですね。 こんにちは!

a0277094_431567.jpg


この島にも春にはそれなりにきれいな花々が咲くようなのですが、この時期は枯れたような植物ばかり。。 たまにちょこちょこと地味なサボテン系を見かける程度です。 ちょっぴりさみしいな。。
でもよく観るとサンタモニカあたりでは見たことがないようなものが生えていて、なかなか素朴な可愛らしい姿をしています♪

a0277094_434553.jpg


a0277094_4351150.jpg


しばらく行くと眺めのよいところに出ました。 しかもちょうどよいベンチが一つぽつんとあったので、そこでお昼を食べることにしました。 まるでわたしたちを待っていてくれたみたい!?
でもよく考えたら、アメリカ人でさえほとんど知らなさそうなこの最果ての島、しかもこんなさびれたベンチの上で、おむすびのお弁当を広げる日本人2人って・・・・・?

a0277094_4374480.jpg


a0277094_4381412.jpg


しばし雄大な眺めを見ながらお弁当を楽しんで、さらにひとやすみした後は、また気合いを入れてゆっくりと歩き始めました。
すると乾き切った地面に、なぜか突然つるつるしたきれいに光る丸い大きな石がゴロンと落ちているのを発見!! きれいに磨けばクリスタルにでもなりそうな。。 それにしても辺りを見回してもこんな石はこれ一つだけ。 なぜこの石だけ突然ここにやってきたんでしょうね? もしかして空から降ってきたのか!? ちなみに彼のほうも一瞬そうおもったそうです(笑)

a0277094_4441397.jpg


次に出てきたのは、乾いたニョロニョロ(ムーミンに出てくる)としかたとえようのない植物が群れをなしていて、これって夜の暗闇で見たらお化けに見えるんじゃない?って感じ。 冗談じゃないよ~
写真だとあまりよくわからないのですが、けっこう背丈も高くて近づくとミョーな迫力があるのです!
「なんだおまえたち、おれたちのことがコワいのか~?」とでも言われてるみたい。。

a0277094_4474813.jpg


ややや! これはもしかして、まさかのトイレ登場か!? いったいいつの時代のシロモノかというたたずまい。 もちろんボットンです(笑) アメリカの国立公園系(日本もそうなんでしょうね)のトイレはだいたいどこもこんな感じですね。 あるだけでありがたや~ 文句など言えません。。 ちなみに一応トイレットペーパーも用意されていましたよ。 
それにしても、木造の古そうなトイレが2つ原野に並んで立つ姿は、どことなく、というかかなりシュ―ルかも。。(汗)

a0277094_4504138.jpg


そしてさらにしばらく歩くと、ようやく島の先端(端っこ)にたどり着きました。 ここはどうも「インスピレーション・ポイント」と呼ばれているようです。 この先は残念ながらつながっていないので歩いては渡れないのですが、切り立った崖の島が前方に転々と連なる、この島イチバンの絶景ポイントです! なにやら心惹かれる意味ありげなネーミングではありませんか!!
ここのベンチでしばし瞑想でもしたら、何か素晴らしいインスピレーションでも湧くでしょうか??

実はこの眺めを目の当たりにしたわたしたち、なぜか二人とも同じことが頭に思い浮かんで思わず笑ってしまったのです。 「ここってもしかして、アメリカの尖閣諸島なんじゃない?」と。 
不謹慎かもしれませんが、今連日ニュースを騒がしている、テレビで見るあの尖閣諸島にそっくり~!!っておもってしまったんです。。

http://image.search.yahoo.co.jp/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=%E5%B0%96%E9%96%A3%E8%AB%B8%E5%B3%B6#mode%3Ddetail%26index%3D0%26st%3D0

彼のほうは地面にシートを敷いて、その上に横になってしばらく昼寝したいそうです(苦笑) その隙にわたしは一人静かに、にわか瞑想タイムといたしましょう。

a0277094_53438.jpg
 

a0277094_535435.jpg


a0277094_535961.jpg


瞑想中に果たしてインスピレーションが下りてきたかについてはあえて黙っておくことにして(笑)、島の残り半分をまた来た道とは違う方へと歩き始めました。 このあたりから急速に空が晴れて来て、きれいな青空が広がり始めました。 ということは日陰になるようなところの一切ないこの島に、太陽が容赦なく照り付けるということで、うれしさよりもキツカッタ~というのが正直なところです。。 でも海の色も一気に青く輝き出しました!

a0277094_522307.jpg


a0277094_523032.jpg


白い灯台もようやく見えてきました!

a0277094_5235228.jpg


a0277094_5241185.jpg


というわけで、以上アナカパアイランド、でした~

a0277094_5252711.jpg


やっと3時の船で島を離れます。 やれやれ~ よく歩きましたよ。 しかも最後のほうは死にそうに暑かったデス。。 持ってきた飲み水も尽きて来て心細かったし。 帰りの船でさっそくよく冷えた水をGETしました♪ これでや~っと生き返りましたぁ!
行きとはまた違う島のサイドを廻って帰ってくれるようです。 お天気もよくなっていっそう絶景が引き立ちます! 灯台も島もみるみる小さくなって行きました。。 さようなら~、チャンネルアイランド!

a0277094_532297.jpg


珍しくシャッター・タイミングもバッチリ!! イェイ~☆

a0277094_5332484.jpg


a0277094_5334936.jpg


おおっ! 野生のアザラシたちがこんなところにいっぱい張り付くようにくつろいでいますよ♪

a0277094_5352288.jpg


a0277094_5355372.jpg


a0277094_5361976.jpg


すっかりカラダのなまった都会っ子が、このワイルドなツアーをなんとか最後まで乗り切ったごほうびなのでしょうか、行きには全然姿を見せてくれなかったイルカの群れが、このあと次々に現れては船を追いかけるように元気よく付いてきてくれました! まさにジャ~ンプ! ジャ~ンプ!! わ~い、うれしいな~☆ 
なかなかうまく写真が撮れなかったのですが、少しは伝わるでしょうか(本当はもっともっと何倍もたくさん来てくれたんですけど)。 ドルフィンたち、ありがとう!!

a0277094_5402162.jpg


a0277094_5401819.jpg


以上、予想外に地味~な島の、死ぬほど長~い日記に最後まで辛抱強くお付き合いいただきまして、まことにありがとうございました!!! こんなところまでそうそう行く人はいないだろうということで、ならばしっかり記録しておきましょうかと。 
ちなみに出発前にはわたしにあんなに厳しいことを言っていた彼ですが、今回一度行ってもう十分だそうです(笑) 実際に行ってみたら、案外わたしのほうが楽しんでいたかも、です♪ いざとなると女性のほうがたくましいのかもしれませんね、フフ☆ 
  「AYAちゃんもなかなかのワイルド、だぜぇ~?」

というわけで(?)、大ケガで療養中のスギちゃんには一日も早く元気になってもらいたいものです! スギちゃん、くれぐれもおだいじにね♪  
皆さんももしもし何かの気の迷いで(笑)チャンネルアイランドに行くことがありましたら、参考にしてみてくださいね。
# by ayalove343 | 2012-09-06 06:18 | LA | Trackback | Comments(4)
マリブはざっくりと説明すると、サンタモニカをビーチ沿いに北に少し行ったところ
にある、ハリウッドスターやセレブも多く住む有名な高級住宅街です。
サンタモニカが世界中の観光客や大勢の家族連れで賑わう、いかにもの観光地
だとしたら、マリブは地元の人たちがプライベートでのんびりビーチやショッピング、
食事を楽しむような、いい感じにこじんまりとした大人な街です。
わたしはこのマリブがとても好きで、サンタモニカ滞在中に必ず一度はじっくり立ち
寄ります。

サンタモニカを中心にして、マリブとは逆方向の南に向かってビーチ沿いを下って
いくと、今度はベニスビーチ、マンハッタンビーチ、レドンドビーチと、それぞれに
特徴のあるステキな街が続きます。
レドンドビーチも可愛らしいお店や感じのよいカフェやレストランがあって大好きな
ところなのですが、残念ながらこちら方面はサンタモニカからのアクセスがよくない
ため、なかなか行くことができないのが毎回もどかしいところです。
マリブのほうがその点行きやすいこともあって、マリブに行くことの方が多くなって
います。

この日はまず、マリブピアをのぞむビーチサイドにある、ちょっとオシャレなプチ
ホテルのオープンテラスで、ランチをいただくことにしました。
ホテルと言ってもそこはアメリカ、いかにものアメリカ~ンなメニューしかありません
が(笑)、そういう時は素直にハンバーガーをオーダーすることが多いわたしです。 
でも今回ははちょっとヘルシーに、べジ―バーガーにしてみました♪
目の前に広がるキラキラまぶしいほど輝く海、そして心地よい潮風に吹かれながら
のランチは、本当においしくて思わず嬉しくなってしまいます!
アイスレモンティーがまた冷たくてとってもGood☆


a0277094_20545380.jpg


a0277094_20551385.jpg



ランチの後は、テラスからよく見えるこのマリブピアに少し立ち寄ることにしました。
サンタモニカピアを小さくしたような、ちょっと素朴で可愛らしい桟橋です。
大勢の人たちがここでよく釣りを楽しんでいます。 どんな魚が釣れるのでしょう??
今度はみんなのバケツをのぞいてちゃんとチェックしてみなくちゃ!(笑)

a0277094_20583384.jpg


a0277094_2059190.jpg


白いベンチと青いパラソルが夏の海にピッタリです♪

a0277094_2112096.jpg


あれれ、飼い主サンはどこなの~? 桟橋のど真ん中にちょこんと寝そべっちゃっ
てる!
それにしても無防備に、ほんと気持ちよさそうにうっとり目をつぶってる可愛いワン
ちゃん~☆ 
うちのレックスと違って小さくて本当にカワいくって、おもわず連れて帰りたくなっ
ちゃいます(笑)

a0277094_2135240.jpg


ビーチ沿いには本当に海のホン際に家がこんなふうに並んで建っています!

a0277094_2163554.jpg
 

そしてマリブは海の街でもありますが、そのすぐ背後にはこんなふうに山々が迫って
るんですよ。 
海と山にはさまれた街なんですね。。

a0277094_2182270.jpg


ピアを出るとマリブのショッピングモールのほうへ、ビーチを眺めながらのお散歩が
続きます。
サンタモニカビーチと違ってかなりひなびていて、のんび~りいい感じです♪

a0277094_211146.jpg


a0277094_21112024.jpg


a0277094_21113274.jpg



モールの手前に、歴史的にも貴重なスパニッシュ調の古い素晴らしい邸宅があり
ます。 「アダムソン・ハウス」と呼ばれています。
こちらはお庭もよく手入れされていて、いつ行ってもいろんなお花がきれいに咲いて
いたり、芝生や木々の緑が青々としていて気持ちがいいんですよ!
わたしはロサンゼルスに多い、こういったスパニッシュ調の建物が大好きであこがれ
ます。。

a0277094_2117493.jpg


a0277094_2117593.jpg


敷地内にはこんな可愛らしい模様のタイル張りのベンチもあります♪

a0277094_21193067.jpg


パームツリーの林の向こうはもうビーチが目の前!

a0277094_21205259.jpg



アダムソンハウスをのんびり散策した後は、マリブカントリーマート(ショッピングモール)
に行き、アイスラテを片手にセレクトショップを冷やかして歩いたり、可愛らしい本屋さん
をのぞいたり、クリスタルのお店でスピリチュアルグッズを見たりして楽しみました。

大好きなマリブの、ステキな夏の一日でした♪

a0277094_21293140.jpg

# by ayalove343 | 2012-09-03 21:42 | LA | Trackback | Comments(2)

ソウルプラン、絵本、そして地球ライフを愛するAYAが、世界のステキな場所や日々のくらしの喜び&しあわせなひとときを、写真をたっぷり添えてご紹介します。


by ayalove343