<   2014年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

春分もすぎて、今はお彼岸でもありますね。
この三連休はいかがおすごしでしょうか?
わたしは21日は初めて自分の産土神社に参拝に行ってきました。

四国や九州では桜が開花したようですが、東京も来週末あたり
いよいよ開花でしょうか? とっても待ち遠しいですね♪
皆さまはお気に入りのお花見スポットはありますか?

それにしても毎年この季節になると桜の開花が天気予報で取り
上げられるなんて、日本ならではというか、日本ってなんかいい
ですよね~
それだけわたしたちはきっと、季節感を大事にするこころ、そして
身近な自然を愛するDNAを強く持ち合わせているということなの
でしょう。



a0277094_2130450.jpg




さて、マウイ日記も今回が最終回、最後はハレアカラ山に日の出を
観に行った時のお話です。
ハレアカラ山は3000mを超える高い山ですが、山頂まで車で行く
ことができます。 ただしハワイと言えども標高がこれだけ高いと、
さすがに真冬の装備が必要なほどの寒さになります。

この日は満月だったので、真夜中に出発して満月と日の出の両方を
見ることにしました。
(かなりピンボケで申し訳ないのですが、西の空にだいぶ沈んできて
いる満月 ↓ )


a0277094_21515678.jpg



満月が完全に姿を消すと、今度は反対側の東の空が少しずつ明るく
なってきました。 同じようにサンライズを見にやって来た人々の数も
どんどん増えていきます。
ダウンも着てかなりしっかり準備してきたのですが、それでもじ~っと
外で日の出を待つのは本当に寒かったデス(涙)


a0277094_2220737.jpg



a0277094_862129.jpg



この日はかなり雲が多かったので、まぶしいほどの鮮やかな日の出
とは残念ながらいきませんでしたが、それでも時おり空がサ~ッと赤く
染まる瞬間があって、きれいで感動しました♪


a0277094_22244227.jpg



a0277094_2225571.jpg



a0277094_22252777.jpg



この後わたしたちは今回のリトリートのクロージング・セレモニーをする
ため、レイオフさんに従って場所を移動しました。
移動した場所からは山頂のクレーターがくっきりと見えて、そのあまりの
迫力とシュールな光景に圧倒されました!
一気にどこかよその星にでも来たかのような気分になりました。。
(クレーターのバックにうっすらとかすんで見えるなだらかな二つの山は、
ハワイ島のあの有名なマウナケアとマウナロア山だそうです)


a0277094_22321562.jpg



セレモニーを行うレイオフさん。 


a0277094_2236874.jpg



セレモニーではこんな木のボウルが使われました。


a0277094_22392032.jpg



セレモニーが行われた場所。 とても大切な聖なるスポットだそうです。
最後にひとり一人にレイオフさんから、これからに向けてのステキな
メッセージをいただきました♪


a0277094_22394435.jpg



セレモニーが終わると同時に、ようやく朝日がまぶしく輝き始めました☆


a0277094_2241127.jpg



レイオフさんとお別れのツーショット♪ 
(寒さで鼻のあたまが真っ赤なわたしで~す・・・笑)
レイオフさん、お世話になりました。 本当にありがとうございました!


a0277094_23312343.jpg




無事にスケジュールを終えたわたしたちは、この日お別れディナーを
みんなで楽しんで、その後荷造りをし、翌日朝早くにマウイを発ちます。

写真はハワイらしいカラフルでキュートなフラワー・アレンジメント♪
個人的にもこういう色合い、すごく好きです♡
(ハレアカラから下山して遅い朝食を取りに立ち寄った、山のホテルの
 ショップで見かけました) 


a0277094_058385.jpg



こちらはピン・クッションというお花。 本当に針山のような形をして
ますよね(笑) ナイス・ネーミング!


a0277094_813495.jpg



そしてこれはプロテアというお花だそうです。


a0277094_83947.jpg




最後までお天気に恵まれたのはよかったのですが、その代わりとうとう
虹だけは見ることができなかったねと話していた矢先、なんとマウイの
空港に着いて車から降りた時、遠くにうっすらと虹がほんの一部ですが
姿を見せてくれたんです!
一瞬の出来事でしたが、最後の最後にまるでわたしたちを見送りに来て
くれたかのような虹の出現に、皆とっても感激しました♪


a0277094_2252345.jpg



ハワイと言えばやっぱりレインボー☆ですよね~
というわけで、わたしも大好きな"Over the Rainbow"の歌を最後に
ご紹介したいとおもいます♪
(この歌を聴くとなぜか泣きそうになるんですよね。 毎回胸がじ~んと
 熱くなります。。)



by ayalove343 | 2014-03-22 23:02 | 旅(海外) | Trackback | Comments(2)
3月11日はわたしも家で静かにお祈りするひとときを持ちました。 
あの大変な震災を経験された方々の苦しみや悲しみがどれほどのものなのか、
わたしの想像をはるかに超えるものだったにちがいありません。


a0277094_1239288.jpg



それでも絶望することなく、今とにかく生き続けていてくださっている、ただただ
それだけで、わたしは心の底からありがたい気持ちでいっぱいになります。
なぜならそれはきっと並大抵のことではできないからです。
その強さ・尊さを見せていただけるだけでも、わたし自身何よりもの力をいただく
想いがしています。。
わたしも自分のこの生命を精いっぱい悔いなく生きたい、活かしたいと、改めて
強く強くおもいました。


a0277094_12471954.jpg




それではマウイの続きです。
何ビーチだったか名前は忘れてしまったのですが、ククイプカのあとランチを
食べて、それからビーチで夕方まで各々のんびりすごす時間がありました。
人が少なくて海風もとっても気持ちよかったです♪
わたしは耳のことがあって泳げないので、持って行った本を読んだり音楽を
聴いたりしてすごしました。


a0277094_14103195.jpg



a0277094_14123995.jpg



岩場のほうでシュノーケリングをしていた人たちが、ウミガメが来ていることを
教えてくれたので、わたしも見に行きました。
でも海上から写したので、こんな程度にしか撮れなくてすごくわかりづらいの
ですが、たしかにウミガメたちが波にのまれながらも、岸のほうに必死になって
泳いでくるのを目撃しました(笑) がんばれ~♪


a0277094_14161099.jpg



a0277094_14163587.jpg



岩の上にこんなきれいな赤い色をしたカニも発見!


a0277094_15591430.jpg



翌日は早起きして朝一番にラハイナへホエール・ウォッチングに出かけました。 
この日も最高のお天気に恵まれて、朝日がまぶしく海を照らしています。
わたしたちが貸し切って乗ったのは、こんな小さなゴムボート(ポスターの一番下)。
他の素敵なクルーザーを横目でかなりうらやましく見つめつつ(笑)、くつをぬいで
裸足で乗船。 乗ってみるとかなり海面が近いなぁと思わず苦笑したほど。
いったいどうなることやらと、一抹の(?)不安を抱えながらいざ出発です!


a0277094_1428307.jpg



a0277094_15572798.jpg



さいわい波がおだやかだったので、小さなボートでもそれほど揺れず助かりました。
ボートの操縦士がクジラを付近に発見すると、ボートのエンジンを止めてクジラの
ほうが近づいてきてくれるのを静かに待ちます。
それを場所を変えながら繰り返していくのですが、初めのうちはクジラが見つかった
といっても、かなり遠く離れていて写真を撮るのも難しいほど。
ほんの一瞬潮を噴き上げたり海上へ姿を見せる程度でした。

そんな中どこからかチャンティングが聴こえてきました。 参加者の一人がクジラに
向けてなのか、チャントを口ずさみ始めていたのです。
シンプルなチャントだったので、いつの間にか他の人たちも覚えて一緒に歌い始め
ました。 わたしも声を合わせて無心で歌います。。

するとどうでしょう! クジラの親子がビックリするくらい近い距離で、わたしたちの
ボートの周囲をゆっくり回り始めたんです。
これらの写真はズームは一切使っていないんですよ。 それほどボートに近かった
ということがおわかりいただけるでしょうか。
2度ほどクジラがおなかを見せながらボートの下をくぐって行ったりして、わたしたち
はただただビックリ!その後ボートの上は大興奮状態となりました(笑)


a0277094_16515853.jpg



a0277094_15181235.jpg



a0277094_15183114.jpg



a0277094_15184791.jpg



a0277094_1519855.jpg



a0277094_15193051.jpg



a0277094_15465819.jpg



a0277094_16594166.jpg



ボートの操縦士さんのお話だと、もう何年もこのようなツアーをやっているけれど、
こんなに近くにクジラが来てくれたのは初めてだと、かなり興奮した様子で話して
くれました。 わたしたちのチャンティングを気に入ってくれたのでしょうか?
クジラたちとたしかに心が通じた気がして、何とも言えないしあわせな気持ちに
なりました♪

もし彼らがあの距離でジャンプしたりしたら、きっとこの小さなボートは転覆していた
かもしれません。 
そうせずに長い間まわりをただただ静かに泳ぎ続けてくれたことが、素直に嬉しく
心に深く残りました。。  今思い返してみても、とても神聖なひとときだったなぁと
改めて感じます。

クジラさんたち、本当にありがとう! 会えてよかった♡
 


a0277094_170334.jpg




ハワイは海だけでなく、山もきれいでいいですね♪


a0277094_22134389.jpg




追伸:  ピーターの曲にはクジラの声が使われているものもあるので、そちらを
     今日はご紹介したいとおもいます。 ぜひ聴いてみてくださいね♪
 



)
by ayalove343 | 2014-03-13 15:50 | 旅(海外) | Trackback | Comments(4)
早いもので3月に入りましたね。 今日は桃の節句、ひな祭りでした。
でもどんよりと底冷えするような日が続きますね。 
こんな時は桃の花や桜もち(笑)のきれいなピンクに、明るさや元気を
もらいたいですね♪


a0277094_23125269.jpg



さて、昨年は皆さまもご存じのとおり、出雲大社と伊勢神宮の両方で遷宮が
執り行われましたね。
わたしはいずれも遷宮後に参拝する機会に恵まれましたが、お忙しい方や
遠くにお住まいの方はなかなか参拝に出かけるのも難しいとおもいます。


a0277094_2316249.jpg



a0277094_23163398.jpg



皆さまはご自分と特別に深い縁で、生涯にわたりしっかりと守護してくださる
神さまが、一人ひとりにいてくださるのをご存知でしょうか?
それがわたしも今年に入って初めて知った「産土(うぶすな)神社」、そして
「鎮守神社」です。
詳細については、こちらの説明をよろしければ参考になさってくださいね。

http://ameblo.jp/ubusuna-jinja/entry-11571174609.html

鎮守神社は、自分の現在の住まいや住まいでの生活をお世話してくださる
神さまで、仕事や商売・学業といった現実的な方面を担当されています。
また産土神社が遠くて頻繁には参拝できない場合などに、産土神社の神さま
との仲介をしてくださるそうですよ。


a0277094_23264722.jpg



わたしもこの機会にとおもい、自分の神社について鑑定してもらいました。
そうしたら産土神社のほうは実は初めて知った神社でしたが、鎮守神社は
偶然にも、今住んでいるところへ引っ越してきた際、初めて住む町でまったく
何の情報もなかったので、自分で近所を歩いて適当に(笑)見つけて以来、
時折参拝に出かけている馴染みの地元の神社でした。
なので、やっぱりご縁があったのだなぁとうれしくなりました♪


a0277094_23314771.jpg



次に以前にも一度ご紹介したことがありましたが、友人の子田江美さんが
村越さんとまた陶芸展を前回と同じ場所でされるそうで、そのご案内です。
お二人のお人柄同様に、どこか親しみやすくてあたたかい、素敵なうつわが
たくさん並ぶとおもいますので、ぜひ皆さまお出かけくださいね!
わたしは前回は日本にいなくてお邪魔できなかったので、今回は伺うのを
とても楽しみにしています♪


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2014/03/31〜2014/04/06

村越正承 子田江美 あいあるうつわ


a0277094_23571925.jpg


a0277094_2358192.jpg



【展示日時】
2014年 3月31日(月) ~ 4月6日(日)
11時30分 〜 17時
※ 終日作家在廊

【場所】
酢飯屋/水道ギャラリー


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


そしてこのブログでもご紹介させていただいた、昨年のボルダーツアーに
参加されていた出雲ご出身の真貴子さんが、出雲についての素敵なガイド
ブックを最近出版されました。
真貴子さんはほんわかおっとり、温かくやさしく包みこんでくださるような
チャーミングな方で、わたしとは共通項もあったので、ツアー中個人的に
少し深いお話をさせていただいたのが印象に残っています。

出雲についてご興味のある方にぜひお勧めしたい一冊です♪
(あっ、でもこの本、最近目がかなり怪しくなってきているわたしには、字が
残念なことにかなり小さめなんです。。。笑)


a0277094_0183763.jpg


 あたらしい出雲旅行

広沢真貴子 文  青木和幸 写真   
WAVE出版  1500円+税









すみません、セルフ・ヒーリングについては結局最後になってしまいました!
またまた去年のボルダーツアーのお話になりますが、このツアーには数多くの
スピリチュアル系書籍の翻訳をされている、有名な山川紘矢・亜希子ご夫妻も
参加されていました。

お二人とのなつかしい記念写真♪

a0277094_0553236.jpg



その亜希子さんのトークイベントが先日あって、そちらに参加してきました。
この日のテーマは「自分を大切にする、かけがえのない自分を愛する」こと。

このとき日常生活の中で自分で簡単にできる、セルフ・ヒーリングについても
最後にいくつか教えてくださいましたので、皆さまにもその情報を少しご紹介
したいとおもいます。
実際にお二人で試されてみて、効果を実感されてものばかりだそうです。
(いずれも本が出ているそうで、そちらを読むことで十分実践できるそうですよ)

 ◎TRE(トラウマ解放エクササイズ)  身体に自然の揺れや震えを起こして
                         心身の緊張やトラウマを解放していく。
 ◎EFT(感情を自由にするテクニック) いわゆるタッピング。
 ◎ヒーリングコード            顔や頭の4か所に両手の指先を向けて
                         ヒーリングエネルギーを送るというもの。
 ◎ホ・オポノポノ              これは皆さんもよくご存知ですよね。
 ◎モーニング・ページ          頭に浮かぶことを考えずに片っ端から
                         ただひたすら書いていくことをすることで、
                         自分の創造性の活性化を促す。

その他にもダンスや体操、瞑想や深呼吸などもとてもよいそうです。

わたしは今年になってから、横浜の山手というところで一ヶ月に一度、
キネシオロジーのセッションを受けています。
キネシオロジーについては以前から聞いてはいたのですが、実際に
どういうものなのか体験してみたくて、自分で調べて見つけたのが
澤さんのこちらのサロンでした。
(ちなみに澤さん、大のネコ派だそうです♪)

http://ameblo.jp/kinesi-therapy/

ご覧のようにとってもお若い男性のセラピストさんなのですが、女性の
クライアントさんが多いのもうなづけます(笑)
とにかく心とからだの関係について幅広く熱心に勉強されていて
いろんなことをよくご存知ですし、毎回まずじっくり時間をかけて丁寧に
わたしの体調や感じていることなどについて聞いてくださるんですよね。
カウンセリングの後、実際に筋反射をみていきながら、からだの調整に
入ります。


a0277094_2192268.jpg



わたしがキネシオロジーを体験してみて印象的なのは、他のセラピーや
ヒーリングの場合は、どちらかというとセラピストやヒーラーの方が
感じられたことをこちらに伝えていただくことが多いとおもうのですが、
キネシオロジーはカウンセリングにもかなり重きが置かれていて、
わたしが話した言葉の中からキーワードやキーフレーズとなるような
ものをいくつも紙に書き出していって、その後特にどの言葉やフレーズに
身体が反応するかをきちんと確認してもらえる点です。
自分ではなかなか感じ取ることのできない、身体からの本当の声を
聞くことができる、知ることができるところに新鮮さを感じています。

他の方がどうなのかわかりませんが、わたしの場合は自分では特に
それほど重要だとおもっていなかった言葉やフレーズに、意外にも
一番反応したりすることが多くて、自分のことなのに「へえ~、わたしっ
てそうなんだ」と驚くこともしばしば(笑) 
自分のことってそれだけわからないものなんですね♪

今は季節の変わり目で体調管理が難しかったり、春先は特にからだに
いろいろ出てくることが多いので、ぜひ皆さんも何かピン!と来たものが
ありましたら、大切なご自分のためにも、毎日の生活の中で自分に合う
セルフ・ヒーリングをなさってみてくださいね。


a0277094_293483.jpg

by ayalove343 | 2014-03-04 01:40 | お知らせ | Trackback | Comments(2)

ソウルプラン、絵本、そして地球ライフを愛するAYAが、世界のステキな場所や日々のくらしの喜び&しあわせなひとときを、写真をたっぷり添えてご紹介します。


by ayalove343