earth✡crystal AYA  ~Love & Light & Love~ ayalove343.exblog.jp

ソウルプラン、絵本、そして地球ライフを愛するAYAが、世界のステキな場所や日々のくらしの喜び&しあわせなひとときを、写真をたっぷり添えてご紹介します。


by ayalove343
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2013年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

こんにちは。 LAは2~3日前から突然暑くなって、昼間は夏のような暑さで
半袖でOKなほど! それまではこちらにしては例年よりもずっと冷えていた
ので、一夜にして衣替えが必要なほどの急激な気温の変化にカラダも思わず
ビックリしています(笑)

暖かいのは助かりますが、それでも季節感なさすぎ!ですよね~
きっとただの“ないものねだり”なのでしょうが、やっぱり日本の四季それぞれ
の味わいや風情というのは素敵なものだなぁって改めておもいます。

さてロサンゼルスには、美しいサンセットスポットとして有名なビーチがたくさん
あります。
このところいろんな場所できれいな夕陽を見る機会に恵まれたので、今日は
その中からサンセット・コレクションを少しご紹介したいとおもいます。

まずはパロス・バーデスの夕陽から。 ここは偶然見つけた見晴らしのよい、
隠れた名スポット。 いつもは人がほとんどいないのですが、この日は何人か
の人たちが同じように車を停めて夕陽を見にやってきていました。


a0277094_17231436.jpg


波間に浮かぶたくさんの小さな黒い点々はサーファーたち(鳥ではありません)。

a0277094_17233245.jpg


a0277094_1724325.jpg


a0277094_17245724.jpg


a0277094_17252185.jpg


ず~っと眺めていたくなるような、そんなとってもおだやかな夕暮れでした♪

a0277094_17573717.jpg



次に地元サンタモニカ近辺の夕空。 規則正しい(?)ヤシの木の列のシルエットが、
いかにもカリフォルニアらしい雰囲気を醸し出してくれています♪


a0277094_17303990.jpg


a0277094_11411354.jpg


a0277094_1731417.jpg


サンタモニカは遊園地のある長い桟橋があることで有名です(サンタモニカピア)。

a0277094_348293.jpg


a0277094_3482453.jpg


夜の写真になりますが、サンタモニカピアの遊園地(いいカメラではないので、かなり
ボケてしまってゴメンなさい!)。 

a0277094_593861.jpg


a0277094_510351.jpg




最後は以前にご紹介したマリブにある、ペパーダイン大学の海をのぞむキャンパス
にて。 ここはきれいな緑の芝生がどこまでも続いて、広々とした本当に気持ちのよい
大のお気に入りスポット! 必ずレックスも連れて行ってみんなでゆっくりすごします。

芝生の上に寝転んで音楽を聴いたり、家からポットに入れて持ってきた熱いお茶や
コーヒーを飲んだり、いつも心もからだも思いっきりリラックス&リフレッシュさせて
もらっています♪

この日はまた特別ゴージャスなサンセットを見せてくれました。



a0277094_3502749.jpg


a0277094_17405426.jpg


みんなで夕陽を見ているのでしょうか。 楽しそう!

a0277094_17531076.jpg


a0277094_17432953.jpg


レックスも一人前に夕陽に見入っているようです(笑)

a0277094_17435499.jpg


a0277094_17445695.jpg


木々のシルエットがくっきり浮かび上がってステキです♪ まるで影絵のよう。。

a0277094_17455830.jpg


a0277094_352216.jpg


たまに夜ここへ来ることがあるのですが、街の灯りが周りにないので、星がよく見えて
とってもきれいなんですよ☆
by ayalove343 | 2013-01-23 05:32 | LA | Trackback | Comments(4)
こんにちは。 東京も初雪が降ったようで、しかも本格的な降り方でけっこう積もったよう
ですね。 皆さま、お元気でおすごしですか?

今日はステキなお知らせがあります。
わたしが去年の9月末に参加した、オーカス島でのボイスワークショップがこの3月16日
からまた開催されることになりました。
主催者でいらっしゃる、サンフランシスコ在住の有子さんからお誘いのお知らせが届きま
したので、皆さまにもご紹介したいとおもいます。
有子さんはサンフランシスコで鍼灸院をされています。 そしてスピリチュアルな分野も
非常に幅広く熱心に学ばれていて、人脈も広く可愛らしい方なんですよ。


a0277094_3452226.jpg


a0277094_1124488.jpg


有子さんとイラン人のご主人のビジャンさんご夫妻は、いつでもユーモアたっぷり! 
チャーミングでとっても温かいホスピタリティにあふれ、仮に一人で参加される方でも何の
心配もいりません。 実際わたしも一人で参加しましたので(笑)
オーカス島の自然も素晴らしいですし、何より小さな島なのにもかかわらず、ここはアメリカ
なの?というくらいに(笑)島のレストランのレベルが高くて、何を食べてもびっくりするくらい
おいしいのです♪
親日家のスーザンもとってもおおらかで包容力があって、参加者ひとりひとりをしっかり見て
リードしてくださるので安心ですよ。

スーザンが歌ヘの想いなどを詳しく話されている、貴重な対談掲載サイトが見つかりました。
こちらを見ていただくとスーザンの人柄がわかっていただけるとおもいます。

http://www.30ans.com/specialtalk/backnumber/vivi_200411.html

a0277094_464777.jpg


a0277094_3473942.jpg



ご興味のある方はぜひ、有子さんからのメッセージをご覧になってくださいね。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


今年はどんな年になるでしょう?いえ、どんな年にいたしますか?と聞いたほうがいいかも
しれませんね。
ご自分の決断や毎日の積み重ね、そして人との出会いなどがきっともっともっと幸せな、
そして周りのひとをも幸せにする未知の可能性を運んでくれると思います。
そんなときもしこのお誘いにぴ~んと来られたら是非あなたの前にある扉を開いてみて
ください。

スーザン オズボーンさんによる アメリカ オーカス島での ボイスヒーリングセラピー

貴方が生まれたときからもっている歌うという能力はエンターテインメントのためだけでは
ありません。 上手、下手に関係なく貴方に与えられた治癒力のひとつです。嬉しいときも、
悲しいときも、ぼんやりした不安に包まれているようなときも その思いを音にしてみる。
自分の体からでるまぎれもない なんら回りから影響も受けない、素直な音が”あなた自身”
であるということを 確信させてくれます。 
そして、感情を音にしていくことによって 本来の治癒力を取り戻すことができるのです。

それをスーザン オズボーンさんが暮らす天国のような島で その固い大地の上で 一緒に
ぶれない自分をみつけませんか。 たっているだけで地球の核まで自分をうちこんだような
安定感、ぐらつかない喜び。 それを貴方に体験していただきたいのです。

詳細は http://www.orcastour.com

今回は第3弾です。すでに30余名の方々が体験され、その経験談を発表されています。 
日程は2013年 3月16日土曜日から 3月22日金曜日 6泊7日。
ご質問などは orcasmagic@gmail.comにメールをいただければ、わたし有子Gowerが
お答えさせていただきます。

スーザンオズボーンさんのサイトは  http://www.susanosborn.com/?section=news

略歴:

アメリカ・ミネソタ州生まれ。歌手。ヴォイスワークショップ主宰。奇跡の桜の物語を書籍として
上梓する。 現在シアトル沖オルカス島在住。
アースミュージックの先駆者ポール・ウィンターのグループ=コンソートのリードヴォーカリスト
を経てソロ歌手に。 国連、カーネギーホール、長野オリンピック/パラリンピック、京都グロー
バルフォーラムなど、世界のあらゆる場所で歌う。
日本の唱歌を英詞で歌ったCD「和美」で、日本レコード大賞企画賞受賞。「ヒーリングの女王」
と称される。
以来多数のアルバムを発表。「浜辺の歌」「千の風になって」などの曲が日本でもお馴染み。
龍村仁監督「地球交響曲」、市川準監督「東京マリーゴールド」等の映画や、TV番組テーマ、
CMへの楽曲提供も多い。
25年以上に渡り、発声で心身を整えるヴォイスワークショップを開催。 自分の本当の声に
出会う受講者が後を絶たない。


有子Gower   orcasmagic@gmail.com


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


オーカス島のワークショップに参加した時の日記(10月にアップしています)も、よろしければ
参考になさってくださいね。

(1) http://ayalove343.exblog.jp/16572922/

(2) http://ayalove343.exblog.jp/16585725/

(3) http://ayalove343.exblog.jp/16609763/

(4) http://ayalove343.exblog.jp/16641701/

(5) http://ayalove343.exblog.jp/16675307/


何か質問がありましたら、有子さんにお聞きいただくのが一番ですが、わたしが参加した時の
ことでよければ参考までにお教えできるので、遠慮なく聞いてくださいね。


a0277094_1141535.jpg


P.S. 寒いからみんなはちゃんとお布団をしっかり掛けて、暖かくしてすごしてね!(寝相の
    わるいレックスより~☆)

a0277094_3522533.jpg


a0277094_3525598.jpg


実は今、ボクはちょっとお腹をこわしてます、エヘヘ。。



by ayalove343 | 2013-01-15 04:00 | お知らせ | Trackback | Comments(4)
お正月も終わり、昨日は七草がゆをいただく日でしたね♪  お正月の連日の
ごちそうに疲れた胃を休ませるのに、やさしいおかゆはピッタリですね。

かなり間が空いてしまいましたが(ごめんなさい!)、カウアイ島日記の続きです。 
今回はいよいよ旅のハイライト(笑)、アースキーパークリスタルのある、ヒンドゥー
寺院をご紹介したいとおもいます。

アースキーパークリスタル協会のHPの解説によると、アースキーパークリスタル
とは巨大なクオーツクリスタルで、人類が肉体を持たないはるか太古、宇宙の
中心エネルギーを地球に取り入れるグリッドとして存在していたそうです。 その
エネルギーは地球の二酸化珪素に注がれ巨大な水晶となりました。
しかし人類は進化し、五感の幻想の世界が広がってくるとアースキーパークリス
タルは地中深くに埋められ、人類の進化の全てのサイクルを記録されるようプロ
グラムされたということです。

アースキーパーは、ハワイのカウアイ島のヒンドゥー教寺院のものを筆頭に、
地球上に12体存在します。 そして現在、重要な役割を実行するために次々と
地表に現れてきています。 その役割の一つは、地球界のサイクルで得られた
知識を星界へ送り出し、他の世界での意識発達のために使われます。 
もう一つは、地球上の祖先たちの意識を送信し、その存在に触れた者たちが
高揚し霊感を受けるための媒体としての機能を果たすと言われています。

アースキーパークリスタル協会HP  earthkeepercrystal.com

実は以前にわたしは高知の個人のお宅にある、アースキーパークリスタルを
見せていただく機会に恵まれました。
Pちゃんという愛称で呼ばれているそのクリスタルは本当に大きくて重そうで、
目の前にすると圧倒されるほどのパワーでした!!

こちらがそのPちゃんです。
(重さ1.6トン、高さ175センチ、横140センチもあるそうです)

a0277094_14594822.jpg


アースキーパークリスタルは他にカウアイ島のヒンドゥー寺院にもあるという
ことをこの時に知ったのですが、それからずっとカウアイ島のクリスタルのほうも
いつかぜひ観に行きたいと願っていました。
そうしたら思いがけず早い時期にカウアイ島を訪れるチャンスが来て、今回実現
したことは本当にうれしく、導かれたことに心から感謝の気持ちになりました。

さてヒンドゥー寺院ですが、ワイルアの小高い住宅街のはずれにあります。 
ワイルア川の流れは人間の身体のチャクラに対応しているといわれ、ヒンドゥー教
寺院の位置自体とても重要な場所にあたり、そこに奉納されているクリスタルの
エネルギーも非常に素晴らしい力があるそうです。
この寺院は午前の9時から12時までしか一般の見学者には公開されていません。 
わたしたちは9時の開門に合わせて出かけました。 この時間に行くと、寺院の
スタッフの方の説明を受けながら園内を巡るツアーに参加できるのです。
(参加者は肌の露出を極力控えた服装を求められますので、ご注意くださいね)

ヒンドゥー寺院のHP    www.himalayanacademy.com/

門の前にはガネーシャの像があります。 花やフルーツが供えられています。
左上の耳元(?)に添えられた白いお花が可愛らしいですね♪
ガネーシャは人間の体に象の頭を持つヒンドゥー教の神で、知恵や財産をもたらす
学問・商売の神様と言われています。

a0277094_15153763.jpg


そしてこちらが門。 美しいデザインですね♪

a0277094_15163198.jpg


今回わたしたちを案内してくださった僧侶の方。
ただしツアーの参加者は予想外に多くて、みんなでぞろぞろ大移動するという感じ
でした。 しかもこの日も快晴でとにかく暑かったデス!

a0277094_15244265.jpg


沐浴か身の浄化のためのものなのか、水をたたえた美しいプールのようなものが。

a0277094_154259100.jpg


そしてこちらはアンダラクリスタル(アネラクリスタルとも呼ばれているようです)。 
なんともいえないきれいなアクアマリンブルーをしています。 観ていると吸い込
まれそう!

a0277094_15444153.jpg


園内に入ると、熱帯のジャングルのように様々な植物であふれていて、自分まで
濃い緑色に染まってしまうのでは、とおもうほど。
特にこちらの眺めの素晴らしさには大感動でした!
この寺院のある場所は非常に雨が多いため、遠くの山並みがこんなにはっきりと
見えることはめったにないそうで、かなり貴重なショットとなりました♪

a0277094_1551671.jpg


こちらはアースキーパークリスタルを納めるため、ただ今建築中の新しい神殿です。 
この神殿の建設用の大理石はインドで切り出され、代々世襲制でヒンドゥー教寺院
の彫刻を続けている職人たちによって彫刻されているとのこと。
その後各パーツに細かく分けられ、はるばる船でカウアイ島まで運ばれ、職人さん
たちが、一つ一つそれを組み立てているそうです。 気の遠くなるような作業を
要するため、予定よりもずいぶん完成が遅れているようですね(「ザ・パワー・オブ・
ハワイ」のサイトより参照)。

a0277094_15593614.jpg


繊細な彫刻が数多く刻まれ細部まで凝ったデザイン。 どこから観てもとっても美しい
ですね♪

a0277094_1611126.jpg


a0277094_1622613.jpg


a0277094_1625086.jpg


不思議な文字が!? 梵字なのでしょうが、書体が面白いですよね!
なんて書いてあるのでしょうか?

a0277094_164336.jpg


新しい神殿の完成が楽しみです!

a0277094_165591.jpg


園内には様々なインドの神々の美しい像があちらこちらに置かれています。

a0277094_16184233.jpg


a0277094_16193694.jpg


そしてこちらは菩提樹です。 わたしもしっかりとハグさせていただきました♪ 

a0277094_1753451.jpg


a0277094_17524410.jpg


この菩提樹の実はルドラークシャと呼ばれ、インドやネパール、チベットなどでは、
特別に神聖なものとされています。 このルドラークシャ(菩提樹の実)は首にかける
だけ、あるいは一目見るだけでもカルマ(業)や心が浄化されるほど、強力な力を
もつとされ、ジャパマーラー(マントラ用の数珠)の素材として最高のものとされて
います。 ヨーガの修行者やシヴァ神の信奉者からも大変好まれているそうです。
また仏教においても、ルドラークシャ(菩提樹の実)で作られたマーラー(数珠)は
最高とされ、それによってマントラ(真言)を数えるなら、その恩恵は無限大であると
多くの経典の中で絶賛されています。
わたしも記念に、普段から使えそうな一粒の実を白いひもでネックレスにしたものを
買うことにしました。

a0277094_17535526.jpg


また敷地内には立派なバニアンツリーもたくさんあります。 
バニアンツリーをガジュマルの樹と呼ぶ地域もあるようですね。
ネリーさんが勧めるので、わたしも幹の中にちょっと失礼して座らせてもらいました。 
小人のようなわたしを見れば、樹の大きさがよくわかっていただけるとおもいます(笑)

a0277094_13415938.jpg


上を見上げるとこんなふうに空が見えます。

a0277094_18135661.jpg


バニアンツリーの前には素晴らしいシヴァ神(?)の像が!

a0277094_18102837.jpg


そして最後になってしまいましたが、こちらがアースキーパークリスタルです☆
本殿の祭壇に置かれていて、写真撮影は一切禁止されているため、HP上の写真と
売店で購入した絵葉書の写真をご紹介します。
わたしたちはこのクリスタルの目の前で、しばらくのあいだ静かに瞑想をすることが
できました。

a0277094_13465067.jpg


a0277094_13473592.jpg


重さ約318Kg、高さ約1mで六面体の乳白色のこのクリスタルは、美しい端正な
たたずまいをしています。 クリスタルがここまでの大きさになるには、なんと5000
万年以上も掛かるのだそうです!! 気の遠くなるようなお話ですね。 
高知のPちゃんもカウアイ島のこのクリスタルも、それぞれの場所に縁あってやって
来たわけですが、いずれのケースも本当に不思議なエピソードがあったそうです。 

アースキーパークリスタルとようやく会えたわたしたちは、最後に寺院の売店に
行きました。 かなりあれこれ悩みましたが、結局クリスタルを写した絵葉書と、
菩提樹の実のネックレス、そしてアメジストの小さなガネーシャを買いました。
ここでとてもラッキーだったのは、売店のかたすみに寺院のトップのグルが座って
おられて、わたしたちの購入したものや身に着けていたクリスタルなどを握って
祝福してくださいました。
またグルのそばについていらした男女の僧侶の方々が、わたしはこの日、まるで
バッタのような(笑)緑色の服を着ていたのですが、「緑色というのはスピリチュアル
な色でとってもいいですね」と微笑んでくださったのも、ちょっぴりうれしかったです♪

ニコニコととても可愛らしいお顔をされたグル(寺院のHPより)

a0277094_16112212.jpg


わたしは特に海外のヒーラーやチャネラーの方にクリスタルとの縁が深いと言われる
ことが多いのですが、まだ数少ないアースキーパークリスタルを2つも見る機会に
恵まれたことを考えると、もしかしたらそうかもしれないという気がしてきました。
もともと美しい輝きを放つクリスタルを見るのは大好きなのですが、特にクリスタルを
使ってヒーリングをするというわけでもないので、そんなふうに意識したことはなかった
のです。
ただただ、あんないろんな色のきれいなものが自然にできるなんて、地球ってすごい
なぁという気持ちにかられるんですね(もちろん研磨など人の手が加わってはいるの
ですが)。

クリスタルに関しては後日談もありまして、このヒンドゥー寺院にはアースキーパーの
他にも透き通るようなきれいなブルーのアンダラ(アネラ)クリスタルもありましたが、
このアンダラクリスタルのほうと後で思いがけない形でつながることになりました。

a0277094_14271859.jpg


すみません、話がかなり長くなりますが、マウントシャスタもここカウアイ島も、実は
レムリアのエネルギーが非常に純粋な形で色濃く残されている重要な聖地なんだ
そうです。 
わたしも帰国してから初めて知ったのですが、この2つの聖地がこんなふうにつなが
っていたことにとても感動しました。 

LAに来ると毎回必ず立ち寄るスピリチュアルグッズの小さなお店があるのですが、
つい先日そのお店に行った時、入ったとたんカラフルなアンダラクリスタルに目が
留まりました。
その中でも特に美しいマリンブルーに透き通る石に思わず引き込まれてしまったの
ですが、「ハイヤーハート」という、アンダラクリスタルの中でも特別なパワーのある
石だという説明が添えられていました。 大天使ミカエルとのつながりが強く、より
高次の意識にアクセスするのをサポートしてくれるそうです。 
色の美しさに惹かれて購入したのがこちらです。
(わたしが買った石のほうが少しグリーンがかって見えますね)

a0277094_14555937.jpg


a0277094_14563842.jpg



そもそもアンダラクリスタルというのは、あのマウントシャスタのふもと、チョクタウ族の
メディスンウーマン、ネリー夫人の土地で採取されたシェラネバダ産のものを呼ぶ
そうです (正式名称は「アンダラ レムリアングラス」)。 
そしてアンダラクリスタルにはいろいろな色があります。
カウアイ島のヒンドゥー寺院にシャスタから奉納されたあの美しいブルーのアンダラ
クリスタルも、まさにわたしが購入したのと同じ、「ハイヤーハート」だったのです。
今回初めて知った「ハイヤーハート」のことを調べていて、このシンクロに気が付きました。

まったく知らないところで、こんなふうにヒンドゥー寺院と自分が同じ、「ハイヤーハート」
という特別なクリスタルでつながっていたことに、不思議な縁を感じてさらにうれしく
おもいました♪


a0277094_1404130.jpg

by ayalove343 | 2013-01-08 16:25 | 旅(海外) | Trackback | Comments(4)
皆さま、こんにちは。 2013年になりましたね。 あけましておめでとうございます!
去年の途中から細々と始めたブログにお付き合いいただきましてありがとうございます。
今年も好きな写真を中心に、マイペースで楽しく続けていきたいとおもっています。
どうぞよろしくお願いいたします。 

友人が送ってくれた元旦のダイヤモンド富士の写真です。 皆さんにもプレゼントします!
とってもおめでたいですよね~♪ 

a0277094_1741302.jpg


富士山といえば、わたしも今までに何度か山中湖、河口湖を訪れて写真を撮っています。
せっかくなので少しご紹介したいとおもいます。

まずは山中湖の冬の早朝の紅富士です。

a0277094_262880.jpg


5月の河口湖の逆さ富士です。

a0277094_1750418.jpg


こちらは本栖湖リゾートの目にも鮮やかな一面の芝桜と富士山です(こちらも5月)。

a0277094_17544684.jpg


と、ここでいったん大晦日まで戻ります(笑)。 こちらLAでもNHKの放送を観ることができる
ので、夜は紅白を観ながら年越し蕎麦をいただきました。 
すると犬のレックスも真剣な顔でじいっと画面を見つめていて、その姿が人間さながらで
大笑いしてしまいました!

a0277094_1640448.jpg


11時すぎにはレイクシュラインに車で向かいました。 レイクシュラインはサンタモニカと
マリブの間にある、インドの聖者ヨガナンダがメディテーションのためのスポットとして作った、
美しい庭園と寺院とがある施設です。
(実はこのレイクシュラインは、ロサンゼルスの隠れたパワースポットとも言われています!)
何年か前にニューヨークのYukiさんともこちらにご一緒させていただいたことがありました。

a0277094_0401962.jpg


レイクシュラインのHP   http://www.lakeshrine.org/

ヨガナンダの生涯がよくわかるお勧めの本 「あるヨギの自叙伝」

a0277094_0405770.jpg


池を一周できる散策路が続いていて、その散策路に沿って季節の色とりどりの美しい花々
が植えられていて心和まされます。 
またいたるところにベンチが置かれていて、歩きながらの瞑想だけでなく、時にはベンチに
座ってじっくりと瞑想できるようになっています。

a0277094_281278.jpg


a0277094_291730.jpg


a0277094_0423684.jpg


わたしの好きなベンチはこの大きな木の下にあります。  ここは少し高いところにあるので、
池がよく見渡せて気持ちがいいところが気に入っています♪ (ACIMのワークをじっくりやる
のにもピッタリの場所ですよ)

a0277094_029066.jpg


また敷地内には、あのガンジーの遺灰の一部が奉られている、世界平和のためのメモリアル
もあります。

a0277094_036021.jpg


この日は11時半から年越しのメディテーション・イベントがあると知って、初詣の代わりと
いうわけではないのですが、参加者の皆さんと心を合わせて世界の平和を祈りながら、
静かに新年を迎えるのもいいかもしれないとおもい、急きょ参加することにしたのです。
パートナーのほうは家でゆっくりしていたいようなので(笑)、仕方なく自分で車を運転して
行くことにしました(車の運転はチョー苦手なのです!!)。 

メディテーションが行われる寺院は白亜の美しい建物です(写真はHPより)。

a0277094_1635421.jpg


内部はこんな感じです(こちらの写真もHPより)。

a0277094_16362677.jpg


ホールに一歩足を踏み入れたら完全に沈黙を守らなければいけません。 すでに大勢の
人たちが着席していましたが、静かに祈りに入っている人がいたり、祭壇のほうをじっと
見つめる人がいたり、ろうそくの灯りが優しく時折揺らめく中、会場全体が心地よい静寂に
包まれています。 日本人らしい人はわたしくらいだったかもしれません。

11時半からチャンティングが始まり、全員声を合わせてしばらくの間歌い続けます。 
その後いよいよメディテーションに入りました。 0時をまわったころ、再びチャンティングを
始め、最後は皆で両手を天に向けて挙げて、世界に愛のヒーリングエネルギーを送ることを
して終了です。 この後時間のある人は残って新年を祝う懇親会のような集いに出席した
ようですが、わたしは最初の“Happy New Year”の乾杯だけ参加して家に帰りました。
年が明けたばかりの深夜の空気は澄んでかなり冷え込んでいましたが、月が冴え冴えと
輝いて、いつにも増して神聖な雰囲気をたたえているように感じました。

翌朝、初日の出を見ようと張り切っていましたが、あいにくの曇り空でいつものような強烈に
まぶしい朝日は残念ながらありませんでした。
それでも近所の立体駐車場の屋上へ出かけていって、雲の上からようやくぼんやりと顔を
のぞかせた太陽を観ることができました。 柔らかい優しい日差しが印象的です。

a0277094_1772617.jpg


このあと家に戻って、簡単おせちとお雑煮でささやかに新年のお祝いをしました。
来年はぜひニューヨークの清美さんのとっても素敵なマクロビおせちにトライしてみたいです!

清美さんのブログ  http://artofworld.exblog.jp/18309415/

ちなみに2010年の初日の出は、グリフィスパークという高台から見たのですが、こんなに
素晴らしくまぶしいほどのオレンジ色に輝いていました!

a0277094_1851198.jpg


皆さんはどのような大晦日、お正月を過ごされましたか? よい初夢もみられたでしょうか(笑) 
2013年は気持ちも新たに、心身ともに健やかに喜びあふれる素敵な一年にしていきたい
ですね♪

a0277094_3175811.jpg


犬のレックスのことも、今年もまたどうぞよろしくお願いしま~す☆

a0277094_17145370.jpg




by ayalove343 | 2013-01-03 17:25 | LA | Trackback | Comments(0)