カテゴリ:旅(国内)( 10 )

9月は水辺のスポットへ

数日前からぐっと気温が下がって冬のような寒さになりましたね。 
しかも今週は特にずっと雨マークがついて、かなり個人的にはブルーになっています(涙)
だいぶ間が空いてしまい、久しぶりの更新となりました。

少し前になりますが、4日は中秋の名月でしたね。 ちょっと雲が多かったですが、皆さま
ご覧になりましたか?
季節の移ろいをこんなふうにじっくり味わうって、とても豊かなことだなぁと感じます。
四季を愛でる日本人の繊細な感性を改めて大事にしたいですね。





a0277094_03063793.jpg




9月は思いがけず自分を深く見つめる時間が多くなり、今までの人生をもう一度まとめて
振り返る作業をしていました。
そんなことをしながらも、合間合間に各地の水辺のスポットへ出かける機会がありました。
こころとからだが水辺に行くことを求めていたのかなともおもいます。



すすき、秋らしい風情がありますね♪


a0277094_03133357.jpg






a0277094_03130283.jpg




9月9、10日の週末に用事があって久しぶりに大阪へ行くことになったので、前泊して
京都にも立ち寄ることにしました。
京都はたくさんいいところがありますが、まだ暑かったこともあって貴船神社のあたりを
ゆっくり歩きたいなということで行ってみました。




a0277094_03450516.jpg




そうしたらビックリ! とにかくすごい人なんです! 以前はここまでではなかったので、
今ではこんなに人気のスポットになってしまったのだなぁとちょっとショックでした(涙)
まだまだ川床を楽しむ人たちも多いんですね。 それで混み合っていたようです。

川のせせらぎの音を聞きながらゆっくり歩いて回ろうとおもっていたのに当てが外れて
しまい残念でしたが、それでもせっかくなので結社、奥宮まで行ってみることにしました。




a0277094_03452570.jpg




本宮では参拝するのに初詣のような長い行列ができていてしばらく並ぶことに。
そのあとは冷たいご神水をいただいて、少し生き返った気がしました。

次に結社に向かいます。
今回はこの結社のあたりが個人的には一番気持ちのよいエネルギーを感じて、
特に好きな場所でした。




a0277094_03461049.jpg




最後に奥宮へ。 思っていたほど遠い距離ではなかったので気持ちよく歩けました。
ただこの時は少し曇ってきたこともあり、ちょっと謎めいた不思議な雰囲気を感じました。
 



a0277094_03462988.jpg




季節がいいと京都は人が多いので悩ましいところですね。
最近は人混みが苦手なので、季節を外しても今度はなるべく空いている時期にゆっくり
行きたいなとおもいました。

 
今回京都でいただいたおうどん。 とってもおいしかったです! 
寒くなってきたのでまた食べたくなりました(笑)

    

a0277094_04083554.jpg





京都の次は、行ってみたい絵本美術館があるのと温泉に入りたくなって熱海に行きました。
まずは伊豆山神社へ。 この日は参拝者が少なくてゆっくりできました。




a0277094_18092339.jpg




手水舎には紅白2体の龍が。 なんだかおめでたい感じですね(笑)



a0277094_18090864.jpg







a0277094_18073354.jpg




こちらは神様が降り立った光り石だそうです。  



a0277094_18081156.jpg





伊豆山からの海の眺め。 お天気がよかったので海も空も真っ青でした。




a0277094_18061565.jpg





この後せっかく熱海まで来たので、絵本美術館への道中にあるということで、来宮神社にも
立ち寄ることに。 こちらはすごい人出でかなりにぎわっていました。
樹齢2000年を超える御神木の大楠から、今回もまた素晴らしいパワーをいただくことが
でき、感謝の気持ちでいっぱいになりました。 何度訪れても感動します!





a0277094_18421908.jpg






a0277094_18093475.jpg






a0277094_20591773.jpg




お天気がよく風が気持ちよかったので、屋外でおいしいお菓子とお抹茶をいただいて
素敵なティータイムになりました。



a0277094_18123408.jpg




そして次にお目当ての戸田幸四郎絵本美術館に。 
かなり駅から離れた山の中にあるので、人が少なくてゆっくり鑑賞することができました。
写真は撮らなかったのでHPだけご紹介します。     

    http://www.todaart.jp/


このあと日帰り温泉にゆっくり入り、熱海を満喫した一日となりました。
横浜からだと熱海ならこんなに日帰りでもいろいろ楽しめることがわかってよかったです!



長くなりますが、最後は23日秋分の日に今度は日帰りで河口湖の浅間神社に参拝に行く
機会がありました。
新宿から高速バスで向かったのですが、祝日のためか高速道路が大渋滞で、かなり予定を
オーバーして到着することになりました。





a0277094_19233425.jpg






a0277094_19235895.jpg





この河口浅間神社では正式参拝したあと、境内の奥の敷地へと進むと、有名な杉の巨木が
次々にあらわれました。 まっすぐに天高く伸びていく立派な杉の巨木には圧倒されました。
その中でも特に有名なこの対の2本は「両柱杉(男女杉)」というそうです。




a0277094_19244566.jpg




木の大きさについては、こちらの写真で少しはおわかりいただけるでしょうか。



a0277094_19243095.jpg
 



この日は曇っていたのですが、参拝が終わって外に出ると、先ほどまでは雲に隠れて
見えなかった富士山が姿を見せてくれました! こんなに富士山、近かったんですね。



 
a0277094_19250469.jpg




ちょっとしんどい9月でしたが、水辺や自然に助けられて乗り切ることができました。
年々こうした自然の中ですごす時間が自分にとってかけがえのないものとなっているのを
感じます。 

この流れで今月もまた初めての場所でしたが、大自然の中で素晴らしい時間をすごすことが
できました。 次回の日記でご紹介したいとおもいます。


More
by ayalove343 | 2017-10-16 21:00 | 旅(国内) | Trackback | Comments(0)

9月に入り、昼間にはまだセミが鳴いていても、夜になると虫の声が聴こえるように
なりました。 これからはお月さまがきれいな季節になっていきますね。
週末には台風の影響がありそうです。 3連休、ぜひ気を付けておすごしくださいね。




a0277094_21064962.jpg






この夏は雨が多くて夏らしい日が少なかったこともあって、8月の終わりのお天気のよい日に
無性に海が見たくなって、伊豆下田へ向かいました。 
いくつかビーチがあるようですが、今回は白浜に行ってみることにしました。

この日は絶好の海日和、日差しがまぶしくて砂浜は白く、海は鮮やかな美しいブルーグリーンに
輝いていました。 海風に吹かれていると本当に気持ちがよくて、一気に自分の気持ちもからだも
浄化されていくのを感じました。
泳ぎこそしなかったのですが、砂浜を裸足で歩いたり白浜神社をお参りしたり、ビーチでのんびり
すごしました。 夏の終わりにようやく夏らしい一日を楽しむことができました。





a0277094_20543174.jpg
 






a0277094_20552419.jpg








a0277094_20560163.jpg







a0277094_20545429.jpg








a0277094_20554599.jpg









a0277094_20594995.jpg








a0277094_22552590.jpg









a0277094_22555675.jpg









a0277094_20592458.jpg








a0277094_20575921.jpg








a0277094_20582063.jpg









a0277094_20583916.jpg









a0277094_21004353.jpg









a0277094_21002283.jpg








a0277094_21013250.jpg









a0277094_21015417.jpg









a0277094_21021337.jpg






久しぶりの海は最高に気持ちよかったです!
海っていいなぁと心からおもった素敵な夏の一日でした。
この日食べたクリームあんみつもとってもおいしかったです♪





a0277094_21314378.jpg



by ayalove343 | 2017-09-14 21:24 | 旅(国内) | Trackback | Comments(0)
早くも12月だなんて、今年は特に信じられないようなスピードで
飛ぶようにすぎてしまったような気がします。
今年もあと残り一ヶ月のみ。 何だかちょっと焦ってしまいますね。


               
a0277094_20431619.jpg



それでは秋の旅日記の後半です。 
11月初めに絵本関係の同期と二人で、軽井沢に出かけました。
共通の素敵な知人女性が住んでいて、車でとっておきの場所へいろいろ
案内していただきました。
最高のお天気にも恵まれて、ちょうど見ごろの美しい紅葉を行く先々で
楽しむことができました。

まず向かったのはレイク・ガーデン。 広い敷地いっぱいに、数え切れない
ほどの様々な美しい花が植えられているのですが、残念ながらちょうど
今年の営業が終わってしまったばかりで、中に入ることはできませんでした。
それでも池の外側から、静かで美しい景色を眺めることができました。



まるでヨーロッパのような風景。 どこを見ても絵になります。。


a0277094_21194510.jpg




a0277094_21203645.jpg



次に向かったのは有名な雲場池。 こちらはさすがに大勢の観光客と地元の人で
かなりにぎわっていました。 

ご覧ください、この鮮やかな赤! 
あまりの美しさにわたしも友人も言葉を忘れて、思わず見とれてしまいました。。



a0277094_21282401.jpg

 


a0277094_21293894.jpg




a0277094_21290588.jpg



軽井沢なのに、ちょっと京都みたいでしょう?(笑)


a0277094_21301408.jpg





a0277094_21304440.jpg





a0277094_22092452.jpg



雲場池の感動が冷めやらぬうちに、わたしがぜひにとリクエストしていた
石の教会へ向かいます。


◎石の教会については、教会内部の撮影が禁止されているため、こちらを
 ご覧ください(中がまたとってもステキなんですよ~)

     http://www.stonechurch.jp/



a0277094_22085403.jpg



教会へ続く長い散策路がとても素敵でした♪


a0277094_22120195.jpg



このあたりも紅葉がきれいでしたよ~


a0277094_22121803.jpg




夕方に最後に訪れたのが、こちらもお願いしていた龍神の池のある真楽寺。
前回は雨の中の訪問でしたが、今回はまたとない晴天だったせいか、水中の
藻の緑が鮮やかに見えてとても神秘的でした。
湧き水の池なので、驚くほど水が透き通っています。。



a0277094_22192211.jpg





a0277094_22294822.jpg





a0277094_22210480.jpg





a0277094_22211885.jpg





a0277094_22200942.jpg



日が傾くにつれ、池に水面の色合いが変わっていく様子にも魅了されました。


a0277094_22202717.jpg





a0277094_22363907.jpg




石段を上がり本堂のあるところへ出ると、このあたりも紅葉が見ごろで
夕日に映えてとてもきれいでした。


a0277094_22440564.jpg





a0277094_22483684.jpg



以上、軽井沢でした。


                      ☆


次はこちらも絵本の先輩に誘われて、日帰りで三島の「クレマチスの丘」へ
初めて出かけてみました。
「クレマチスの丘」はいくつかの美術館や美しいガーデン、そしてレストラン
などがあり、見どころたくさんのとても広大な施設です。
(三島駅から無料のシャトルバスが出ていて便利ですよ~)


 ◎HP https://www.clematis-no-oka.co.jp/


美術館も一通り見て回りましたが、この日もお天気がすごくよかったので、
オブジェや彫刻が点在する、お花のきれいな庭園の散策が楽しかったです♪



a0277094_23103518.jpg





a0277094_23110310.jpg





a0277094_23100114.jpg





a0277094_23044859.jpg





a0277094_23054832.jpg





a0277094_23051894.jpg




この赤とんぼ、わたしの手の上にも止まってくれました♡


a0277094_23033707.jpg




最後は箱根です。 雨が降った後だったので、しっとりとした秋の風情を
味わうことができました。 
うっすらと富士山、そしてスーパームーンが一瞬でしたが、顔をのぞかせて
くれて嬉しかったです。 


a0277094_23132690.jpg




白龍がスーッと動いていくようにも見えました。


a0277094_23125602.jpg





a0277094_23142739.jpg





a0277094_23135701.jpg





a0277094_23150272.jpg



箱根に行くと、必ず参拝に立ち寄るのが九頭龍神社。 
芦ノ湖畔の素敵な散策路を歩いていきます。 いつ来ても静かで気持ちのよい
ところで大好きな場所です。

  

a0277094_23194559.jpg

  



a0277094_23201659.jpg





a0277094_23115170.jpg






a0277094_23122662.jpg




木目がすごく複雑な迷路のよう(指紋みたい?)で面白いですね~


a0277094_23204845.jpg





a0277094_23155188.jpg





a0277094_23164665.jpg





a0277094_23171621.jpg





a0277094_23161647.jpg





a0277094_23175377.jpg



そろそろ秋も終わりますね。 
これからは初冬のお散歩を、ぜひ暖かくして楽しんでくださいね♪



by ayalove343 | 2016-12-04 00:16 | 旅(国内) | Trackback | Comments(0)
こんにちは。 11月にして都心でも初雪とはビックリですね!
今年の冬は寒くなるのでしょうか。 
インフルエンザも流行ってきているようですので、どうぞ気を付けて
おすごしくださいね。


               
a0277094_20430474.jpg



この秋は日帰りも含め、何回か国内を小旅行する機会があったので、
そちらを2回にまとめてご紹介したいとおもいます。
お天気にも恵まれ、またちょうど美しい紅葉の時期と重なったことも
あって、行く先々で秋の風情を満喫することができました。

もう1ヶ月ほど前になりますが、関西の知人に誘われて初めて淡路島へ
行ってきました。
この知人女性は巫女舞を習っていて、日本各地の神社にお仲間の皆さまと
舞を奉納されているのですが、今回は淡路島の伊弉諾神宮にて奉納する
というので、そちらを拝見することができました。



途中で通った明石海峡大橋。


a0277094_14265328.jpg

  

  ◎伊弉諾神宮についてはこちらをご参照ください。

      HP  http://izanagi-jingu.jp/hp/


この日は頭髪感謝祭(こんな行事があるんですね!)のため、巫女舞を奉納する
ということでした。
初めて巫女舞を見ましたが、舞のみならず衣装もとても優雅で美しく、思わず
いつの時代に自分がいるのか一瞬わからなくなるほどでした。



a0277094_14280540.jpg



このあと直会といって、こちらの集会所で宮司さまと参加者でおいしいお昼の
お弁当をいただきました。
その後さらに境内をご案内いただき、この神宮がとても重要な地にあるという
興味深いお話を伺うことができました。



a0277094_14284214.jpg



立派な夫婦クスノキが祀られていて、非常にパワフルで圧倒されるような
存在感でした。 
  



a0277094_14282369.jpg



せっかく関西に行くので、今回は淡路島のあと、久しぶりに奈良に一泊する
ことにしました。
京都へはこれまでも何度か行っていましたし、京都は観光客が多くて静かな
風情をじっくり味わうことが難しくなってきているなと感じていたので、
奈良に行ってみようとおもったのです。

まず最初に訪れたのは、ずっと前から一度行きたかった大神神社です。
三輪山がご神体になっている珍しい神社で、日本最古の神社と言われています。
そして三輪山へは登拝することができます。


  ◎大神神社 HP http://oomiwa.or.jp/



a0277094_14285671.jpg



不思議なことにここを訪れた際も、ちょうどお神楽と舞が行われていました。



a0277094_14292193.jpg



こちらはご神木の巳の神杉(みのかみすぎ)。 こちらにはヘビが好むという卵が
たくさんお供えされていました。



a0277094_14291117.jpg



ここからはくすり道を通って、奥にある狭井神社 (さいじんじゃ)を目指します。



a0277094_14293539.jpg





狭井神社は病気平癒の神様として信仰が篤く、有名なご神水の出る薬井戸が
あります。 こちらのご神水は万病に効くという薬水と言われています。
わたしも持参した水筒に入れてたっぷりいただきました。 



a0277094_14300790.jpg




a0277094_14295853.jpg



ここから脇にある山道に入って三輪山に登ることができるのですが、今回わたしは
そちらは見送って、代わりに山の辺の道を少し歩いてみることにしました。



a0277094_14294789.jpg



山の辺の道は思っていたよりもずっと細い山道、まさに旧道そのものといった
風情で、しかももう少し歩いている人がいるかとおもったのですが、ほとんど
1人で歩くことになったので、ちょっとドキドキしました(笑)



a0277094_14303884.jpg


道端で見かけたきれいな蝶。  



a0277094_14302273.jpg



途中で唯一見かけた道しるべ。 



a0277094_14305146.jpg



こちらが八大龍王弁財天。 誰もいなくてとても静かで独特な雰囲気がありました。



a0277094_14310264.jpg



約40~50分ほど歩いたでしょうか、ようやく目的地の桧原神社に着きました。
ここは先ほどの大神神社の摂社でもあり、いわゆる元伊勢と言われる由緒ある
格式高い場所でもあります。


  ◎桧原神社  http://oomiwa.or.jp/keidaimap/23-hibarajinja/



a0277094_14311814.jpg



非常に清々しく掃き清められた何とも言えず気持ちのよい場所で、わたしは
とても好きになりました。 あまりに離れがたくて、予定よりもゆっくりと
この場所ですごすことになりました。



この珍しい三ツ鳥居が特徴です。


a0277094_14313328.jpg



この神社を出てすぐのところに茶店があって、そちらで三輪名物のにゅうめんと
お手製の冷たいしそジュース、さらに手作りの草団子をいただいたのですが、
どれもとってもおいしかったです♪
(疲れていたこともあって、写真を撮り忘れてしまいすみません!)

わたし1人貸し切り状態で、鳥のさえずりだけが聴こえてくる、本当に静かで
のどかなよいところでした。 
ここでしばらく休んでいると、この日は暑いくらいだったのですが、歩いてきた
疲れが一気に取れました。

おかみさん手作りの蕗の佃煮や、こちらで採れた新鮮な野菜なども売られていて、
見ているとどれもおいしそうで持って帰りたくなります(笑)
このあたりなら住んでもいいなとおもってしまうほど、心和む気持ちのよい、
ちょっと立ち去りがたくなるような素敵なところでした。



a0277094_17570879.jpg



桧原神社をあとにして、再び大神神社のほうへと山の辺の道を戻ります。
最後に大美和の杜展望台からの三輪エリアの眺めをしばし楽しみました。

 

a0277094_20011847.jpg



奈良には一泊したので、翌日は急きょ朝食後、20年に一度の式年造替を
目前に控えた春日大社を目指しました。
当初の予定にはなかったのですが、宿泊先の部屋にチラシが置いてあって、
春日大社で毎朝一般人も参加できる、朝のお参り(朝拝)をやっていると
知ったので、せっかくの機会なので行ってみることにしたのです。


  朝拝について  http://www.kasugataisha.or.jp/shun_joho/000370.html


大勢の参加者で声を合わせて大祓詞を繰り返し唱えるのですが、しだいに
自分が無心になっていくのが感じられ、頭も心もとてもすっきりしました。
日本各地で今年は大きな震災が続いているので、朝から皆で心を合わせて
復興を祈るのはとても清々しい体験でした。



a0277094_14321148.jpg



さらにラッキーだったのは、この期間だけ参加できるお砂持ちという特別な
行事をぐうぜんにも体験できたことです。
お砂持ちというのは、本殿前に敷きつめられた砂を入れ替える行事のことで、
式年造替の行事のひとつとされています。
普段皇室の方の出入りしか許されない内院への参拝ができる、非常に貴重な
機会だそうです。


広い境内にはたくさんの鹿がの姿が見られました。 


a0277094_14322966.jpg




a0277094_14324532.jpg




まだ他にもおまけがあって、奈良でアートフェスティバルが開催されていて、
いろんな場所でアート作品を鑑賞できるということだったのですが、ここ
春日大社では今人気のチームラボの素敵な作品を観ることができました。

 

a0277094_14330993.jpg



春日大社を後にして、次に法隆寺に向かいました。 
ちょうど夢殿で秘仏の国宝救世観音菩薩が秋の特別拝観中だったからです。
法隆寺にはもう記憶にないくらい何年も来ていなかったので新鮮でした。
さすがに境内には人が大勢いたのですが、救世観音を観る際はなぜかあまり
人がいなかったので、思いのほかじっくりと拝むことができました。



a0277094_14332850.jpg



その後、すぐ隣の中宮寺の国宝菩薩半跏像(寺伝如意輪観音)にも立ち寄る
ことにしました。 
半跏思惟像といえば、京都の太秦広隆寺の弥勒菩薩が有名ですが、こちらの
黒い弥勒菩薩もとても穏やかなお顔、魅力的なお姿をされていて、優しく
包み込まれるような温かさを感じました。



a0277094_14334283.jpg



この旅の最後に秋篠寺を訪ねました。 念願の美しい伎芸天像を見るためです。
だいぶ空が曇って来て今にも雨が落ちてきそうな中、緑の苔のきれいな庭を
眺めながら本堂へと急ぎます。



a0277094_14341580.jpg




a0277094_14340037.jpg



伎芸天像はかなり大きなもので多少驚きましたが、やはり何ともいえず優美で
たおやかな美しいお姿をされていて、いつまででも眺めていたくなるような、
そんな魅力に満ち溢れていました。


こちらのサイトもどうぞ!  
   
  http://nara.jr-central.co.jp/campaign/akishinodera/index.html



予想外の盛りだくさんな奈良の旅となりましたが、それでもなお名残惜しく
感じるほど、奈良はゆったりとした時間が流れていました。
優雅でどこか華やかな京都とはまた違い、素朴でひなびていて、いにしえの
日本の風情を色濃く残してくれているのが嬉しかったです。
まさに日本人の心のふるさとだなぁと感じました。

奈良にはちょっとはまりそうな気がしています。 
またぜひゆっくり訪ねてみたいとおもいます。



by ayalove343 | 2016-11-24 19:50 | 旅(国内) | Trackback | Comments(2)

皆さま、こんにちは。 また一ヶ月以上空いての久々の更新となりました。
この夏は不安定なお天気が続いていますが、お元気におすごしですか?
わたしは夏の暑さは苦手なのですが、今年はオリンピックやその他を通じ、
何度となく思わず胸が熱くなるような日々を送っています。
といっても残念ながら恋愛ではありませんが(笑)

たくさん心で感じること、心が動くということは生きている証拠。 
すべての感情にいい・悪いはありません。 
自分が感じている感情こそが、自分にとっての真にしあわせな道を教えて
くれるのではとおもいます。
「感じること」が今の時期、とても大切なことのような気がしています。




a0277094_00422217.jpg



8日の天皇陛下のお言葉もその1つでした。 天皇陛下の誠実に真摯にご自分の
お立場・お役目を生きてこられたことに改めて感銘を受けたこともありますし、
わたしたち一人一人が「あなたは何を大切にどのように生きていきますか?」と
問われているような、そんな気がしたのです。



a0277094_00471897.jpg



オリンピックでは、日本人の活躍が目覚ましく、連日つい夢中になって観戦して
しまいました。 
もちろん日本人が今回たくさんのメダルを取ったことはとても嬉しいことですが、
個人的にはこの日までひたすら厳しい練習を積み重ねてきた世界中の各選手が、
本番で自分を信じて100%自分の力を出し切る素晴らしさ、その姿の美しさに
何より感動しました。 

特に感じたのは、日本人のチームワークの素晴らしさ(各競技、団体になるとより
力を発揮していましたよね!)と、若い選手たちが生き生きと活躍していたこと、
そして心技体すべて兼ね備えたベテラン選手たちが、最後にその実力をみごとに
出し尽くしていたことです。
世界の舞台でもメンタル面での強さを持った日本人選手が多く見られたことにも
勇気づけられました。

人間の持つ素晴らしいものをたくさん見せてもらえた気がして感謝しています。



a0277094_19585507.jpg




そして先日、大好きな友人夫婦の姪っ子さんが夏休みに上京されていて、
夕食をご一緒する機会があったのですが、若い人って希望を感じていいなぁ、
何より可愛いなぁ、しかも頼もしいなぁととっても嬉しくなりました。

わたしには子どももですが、姪っ子・甥っ子もいないので(寂しいことに・・・涙)、
若い人と話をすることがあまりなかったので、余計新鮮だったのでしょう。
これからもずっと応援していきたいなとおもいました。
(ある絵本をプレゼントしたのですが、喜んでもらえてよかったです♪)



a0277094_00513352.jpg



久しぶりに映画館で観たのが、韓国映画『あなた、その川を渡らないで』です。
長年連れ添った老夫婦の物語なのですが、その子どものように無垢で無邪気な
仲睦まじい二人の姿にとても感動しました。
人として失くしてはいけない、何か大切なものを思い出させてくれるような
美しい映画でした。








テレビで偶然観て思わず見入ってしまったのが、初めて知ったベトナム人の
ティック・ナット・ハーン禅師を紹介する番組でした。
その一言一言、丁寧に言葉を選びながら穏やかな微笑みをたたえて静かに
語る、師のたたずまいがとても印象的だったのです。

マインドフルネス瞑想に基づく生活を通じて、ひとりひとりが真の心の平和を
目指していこうという運動をされています。
ご興味ある方はこちらもご参照ください。

http://tnhjapan.org/tnh/


a0277094_21372989.jpg



また他に、藤城清治さんの美しい影絵を久しぶりにじっくり鑑賞する機会が
不思議に続けてありました。
偶然立ち寄った銀座の教文館の上の階で展覧会が開催されていたのです。
驚いたことに写真撮影OKということだったので、一枚だけご紹介します。
(作品のタイトルを書き留めるのを忘れてしまってすみません)

変わらず光と影が繊細に美しく表現されていて、単なるメルヘンを超えた
豊かで幻想的な世界、そして力強いメッセージにとても心惹かれました。
90を超えたご高齢の藤城画伯、作品にかける情熱はますます高まっている
ようにも感じます。



a0277094_18301419.jpg



長くなりますが、先週末に長野の友人を訪ねて信州の高原に出かけてきました。
車山高原というところに一泊したのですが、近くには白樺湖があります。
初日はあいにくの大雨に見舞われたので、急きょ予定を変更して龍神の池のある
真楽寺へ立ち寄ることにしました。
本降りの雨だったこともあり、行った時は他に誰もいなくて、ゆっくり参拝する
ことができました。

湧き水からできた池ということで、水が澄んでとてもきれいで、底に生えている
美しい藻の緑がはっきりとあざやかに浮かんでいます。
その水の色が何ともいえず神秘的で、しかも水面が不思議にキラキラといろんな
場所が光るので、友人と絶対にこの池(沼?)には龍が棲んでるね!と思わず
話したのを覚えています(池のほとりには青龍を祀った小さな祠がありました)。



a0277094_18422292.jpg


見てください! ほら、本当に龍がいるんですよ~


a0277094_18460126.jpg



長い石段の上には観音堂が。 


a0277094_18541157.jpg



大好きな石仏。 ふくよかな優しいお顔に心が和みます。



a0277094_18552681.jpg




この日は夕方真っ白な濃い霧の中宿へ向かい、ゆっくりすごしました。
翌日も山の天気ということで悪天候も覚悟していたのですが、珍しく
早く目が覚めて外を見るときれいに晴れて、目の前に山々が連なって
いるのが見えます。

その時です、ちょうど正面にそびえる蓼科山の頂上から、まるでダイヤ
モンド富士のように朝日が昇ってきたのです!
素晴らしい日の出を拝むことができ、その神々しい光に圧倒されつつも
しあわせな気持ちになりました。



a0277094_19122101.jpg



八ヶ岳の稜線もくっきり見えます。
美しく連なる山々を眺めながらの早朝の展望露天風呂は、お湯もやわらかで
とても気持ちよかったです。



a0277094_19202510.jpg



チェックアウトするとすぐに車山高原へ向かいます。 リフトを乗り継いで
山頂まで快適に行くことができました。
山頂には白い鳥居が美しい車山神社があって、まずは参拝してからゆっくりと
あたりの散策を楽しみました。



a0277094_19262617.jpg



a0277094_19270180.jpg



ぐるっと見渡す限り絶景が広がります。 最高のお天気に恵まれました。



a0277094_19275104.jpg



a0277094_19280535.jpg



a0277094_22460175.jpg



a0277094_19281600.jpg



こんな可愛らしい山ガールたちも♪



a0277094_19305483.jpg



わたしも恥ずかしながら記念に一枚。



a0277094_22384698.jpg



可憐なお花たち、そしていろんな虫たちとの出会いもありました。



a0277094_19314823.jpg




a0277094_19320099.jpg




a0277094_19345604.jpg



山の上では緑も青空もこんなに濃くて、すべての生命が輝いてまぶしかったです!
どこを見てもまさに「夏!」といった感じでした。



a0277094_19323298.jpg



a0277094_19324732.jpg



a0277094_22463967.jpg



帰りのリフトでは、さわやかな風を感じながら素晴らしいパノラマの景色を
楽しむことができました(最初はちょっと怖かったのですが・・・笑)。 
見つけた四つ葉といっしょに山を下りました。 



a0277094_19331175.jpg



a0277094_19331828.jpg



車山高原をあとにしたわたしたちは、白樺湖畔にある藤城清治さんの作品が
観られる影絵美術館に立ち寄り、最後に牧場へ寄ってミルクが濃くておいしい
ソフトクリームを食べることができて大満足でした(笑)
この日のビーナスラインのドライブは本当に気持ちよかったです!



a0277094_19333139.jpg



たった一泊二日の旅でしたが、大好きな信州の高原ですごすことができて
友人ともゆっくり話すことができ、楽しい思い出になりました。
やっぱり自然はいいですね。 年々豊かな自然の中ですごす時間に深い
喜びを感じます。

皆さまも引き続き素敵な夏をおすごしくださいね♪



a0277094_20010605.jpg



by ayalove343 | 2016-08-24 20:03 | 旅(国内) | Trackback | Comments(0)
先週末、長崎の知人の呼びかけで、梅雨入り直前の沖縄へ2泊3日で
行ってきました。(実際帰ってきたまさに翌日、梅雨入りしたので
ビックリしました!)
旅自体が久しぶりだったこと、そして沖縄は初めてだったこともあり、
とても心に残るよい旅になりました。

3日間ともお天気に恵まれて、真夏のような暑さの中でしたが、
知人のナビゲートであまり観光客が行かないような御嶽をいくつか
めぐってきました。
地元のしきたりに従って、お線香や塩、お酒、穀物などをお供えし、
祝詞をあげて、きちんとご挨拶をして回りました。

行きの飛行機は席が窓側だったので、那覇空港に降りる直前に
早くもきれいな海を見ることができました。
ブルーとグリーンが混ざり合った神秘的な美しい色合いに、思わず
見入ってしまいました。


a0277094_21292937.jpg



a0277094_2129474.jpg




次にホテルからの眺め。 目の前がビーチなのですが、GW明けだった
からでしょうか、人も少なく海もきれいで毎日うっとり眺めていました。


a0277094_21323421.jpg



a0277094_21325685.jpg



ホテルから少し歩くと、海に突き出た細い桟橋があって、まるで海の上を
歩いているかのようでした。 
沖縄の海って本当にきれいなんですね。


a0277094_2133566.jpg



a0277094_21341338.jpg



夕暮れ時の空もとてもきれいで、海だけでなく空の色にも魅了されました。


a0277094_21362968.jpg



a0277094_21364486.jpg



a0277094_21451666.jpg



いかにも南国らしいハイビスカスがきれいに咲いていました。


a0277094_21521878.jpg



初日は午後ホテルに入り、あとはホテルでゆっくりすごせたので、朝4時半
起きのからだにはありがたかったです。
2日目はホテルでおいしい朝食をしっかりいただいた後、車で合計3か所の
御嶽をめぐりました。

まずは神々の住む島と言われている浜比嘉島へ向かいます。
シルミチューとアマミチューという男女の神さまゆかりの御嶽を訪れました。
緑がうっそうと茂り、ひっそりと静まり返った、守られた場所という雰囲気の
本当に素晴らしいところでした。 
さらに歩いてすぐのノロの墓とハマガーと呼ばれる場所にも立ち寄りました。

このあたりの海の景色はまるで天国のようなおだやかな美しさに満ち溢れて
いて、素足で歩くと暖かい波がとても優しく心地よかったです。
聖なる場所ということで、今回は御嶽そのものを撮影することは控えたため、
周辺の景色で雰囲気を感じ取っていただけたらとおもいます。


a0277094_225411.jpg



a0277094_21593019.jpg



a0277094_21595153.jpg



a0277094_22113618.jpg



a0277094_22010100.jpg



a0277094_2203347.jpg



a0277094_22121325.jpg



ブルーのアンダラ・クリスタルのハイヤーハートを持参してきていたので、
こちらの海にも入れて浄化させていただきました。
心なしか石の輝きが増したような気がします。


a0277094_2214364.jpg




ここ浜比嘉島は、わたしが今回一番好きな印象深い場所となったのですが、
立ち去りがたい想いでいっぱいの中、次の目的地、世界遺産にもなっている
今帰仁城跡へ向かいます。

今帰仁城についてはこちらをご参照ください。 http://nakijinjo.jp/



a0277094_2225488.jpg



a0277094_2226525.jpg



ここは世界遺産ということもあり、大勢の観光客でにぎわっていましたが、
わたしたちはお城跡が目当てではなく、そのお城を守るために祈りが捧げ
られていた近くの御嶽2か所に行きました。 いずれも火の神さまです。
うっそうと草が生い茂る道もよく見えないような場所に分け入っていくの
ですが、こちらの場所は非常にパワフルで厳かな雰囲気が漂っていたので、
ちょっと緊張しました。


a0277094_22243814.jpg
  


a0277094_22245932.jpg
  


a0277094_22252128.jpg
 


写真ではうまく撮れなかったのですが、この場所にはたくさんのいろんな
種類のきれいな蝶があちこち優雅に飛んでいて、なにか特別な雰囲気のする
ところでした。
そして気を付けてはいたのですが、こちらでは蚊にかなり刺されましたね(笑)

この日は移動距離が長いため、お昼はドライブインのようなところで軽く
済ませることになり、最後の目的地、古宇利島へと向かいました。

古宇利島についてはこちらをご覧ください。 http://kourijima.info/about/



a0277094_2237979.jpg



アップにすると、なんともロマンチックな説明が。


a0277094_2244472.jpg



祠の上にはこんな可愛らしいツインのシーサーが。
小さくてもきっとしっかりと守ってくれているのでしょうね。


a0277094_22465643.jpg



この場所も本当に眺めもエネルギーも気持ちよく素晴らしいところでした。


a0277094_2249589.jpg



a0277094_22492399.jpg



a0277094_22494174.jpg



とっても解放的な雰囲気にあふれ、海の色が濃くあざやかでまぶしかったです。


a0277094_2250382.jpg



a0277094_22512032.jpg



お天気がよいのはありがたかったのですが、あまりの暑さと長距離移動に、
かなりこの日は体力を消耗しましたね。
ただ2日目にすべて予定していた御嶽をめぐることができたので、最終日は
チェックアウトまでホテルでまたゆっくりすごすことができました。

そこでホテルのアクティビティの一つ、グラスボートに乗ってみることに。
船底が透明になっていて、海中を泳ぐ魚たちの姿を見ることができます。
かなり動きが早いので、あまりうまく写せずわかりにくくてゴメンナサイ。


a0277094_22595873.jpg



a0277094_2301822.jpg



チェックアウト後まだ少し時間があったので、海の見えるラウンジでのんびり
お茶をしたのですが、そのときオーダーしたピーチジュースとヨーグルト
ベースのノンアルコール・ドリンクが、甘すぎずとってもおいしくて、最後に
またしあわせな気分にさせてくれました。


a0277094_2354368.jpg



ホテルのスーベニア・ショップで今回の旅の思い出に購入した、小さな青い
陶器のシーサーくん。 あまりの可愛さにひとめぼれしてしまいました♡


a0277094_23114680.jpg




沖縄の海は本当に魅惑的な美しい色をしていて、緑も濃く、日差しも強くて
すべてに力強いいのちのエネルギーを感じました。
わたし自身もこれから生きていく上で、心身ともに温かくパワフルな癒しと
励ましをいただいたような気がします。

今回は有名な斎場御嶽や久高島へは行けませんでしたが、それでも知人が
案内してくれた場所は、いずれもあまり人が押し寄せない分、神聖な雰囲気が
色濃く感じられる、とても心に残る美しいところでした。

きっと島へ行ったらもっともっとさらに海がきれいなのでしょうね。
違う島へもいつか行く機会があれば、ぜひ訪れてみたいです。
今回の沖縄の旅は、自分への少し早い、素敵なバースデー・プレゼントに
なりました。 沖縄の神さまに改めて感謝したいとおもいます。
by ayalove343 | 2016-05-21 23:27 | 旅(国内) | Trackback | Comments(0)
ここへ来てわたしにはめずらしく(!)連続でアップしています(笑)
ニュースなどで皆さまもご存知かとおもいますが、今長野の善光寺は
7年に一度の特別御開帳にあたり、大変なにぎわいとなっています。

長野市に友人がいるのですが、その友人が「特別御開帳中にぜひ!」と
声をかけてくれたので、数年ぶりに長野へ一泊二日で出かけてきました。
真新しいピカピカ光る北陸新幹線にも乗車できて、小さい頃から実はかなり
乗りモノ好き(笑)なわたしは大満足でした♪ 
(注: いわゆる「鉄子」ではありませんよ~)



a0277094_13423382.jpg



初日は午前11時に長野駅近くのホテルで友人にピックアップしてもらい、
雨が降り出さないうちにと急いでとりあえず戸隠神社の奥社へと向かい
ました。 中社の前を通り過ぎると、急に道の両脇に雪が目立ち始めます。
奥社のほうは果たしてだいじょうぶなのか、友人と心配になってきました。。

着いてみると不安が的中し、奥社へと続く有名な長い長い杉並木の参道
には、まだまだ雪がたくさん残っていて、足元の悪いこと悪いこと! 
一応歩きやすい靴で来ていましたが、それでももっともっとしっかりとした
靴でないと、冷たい水がだんだんと沁みてきてつま先がかじかんできたり、
油断するとすべって転びそうになるので、情けないくらいのヨチヨチ歩きで
時間をかけて進まざるをえませんでした。。 


a0277094_14141096.jpg



a0277094_13572179.jpg



ふつうの乾いた状態でも片道30~40分かかるとのこと、予想外の雪道と
いうことで、おそらく1時間ちかくかかったのではないかとおもいます。
特に最後のほうは坂道も急にきつくなってくるので大変でした!
(帰り、下るほうが余計にすべって怖くて苦労しました・・・涙)

苦労してたどり着いた分、感動はひとしおでしたが、鳥居が半分近く埋まる
ほどまだ雪が深くて、手水舎へも奥社にも近づくことができず、離れた位置
から手を合わせての参拝となりました。
(なんだか寒々しい写真ばかりでスミマセン!)


a0277094_14123192.jpg



がんばった証に記念撮影♪ (でも寒さで鼻のあたまや頬が真っ赤デス。。)

a0277094_14163134.jpg



帰りはさらにすべりそうになりながら、慎重に時間をかけて無事戻りました。
ふだん運動不足のわたしたちは体がすっかり冷えてしまったのと足がとにかく
疲れたので、とりあえず駐車場そばのカフェでランチに温かいものをいただく
ことにしました。 やっぱりここは名物の“戸隠そば”ですよね!

わたしがオーダーしたのは鴨なんのつけそば。 おつゆは温かくておそばは
冷たいタイプです。 友人は温かい鴨なんばんを。
疲れた体には、この濃い目のつゆの塩分と鴨がすご~くおいしかったです♪
おながか空いていたので一気にペロッと食べてしまいました(笑)
(このおそばの盛り方ですが、戸隠特有の「ぼっち盛り」というそうです)


a0277094_14282171.jpg



十分温まり足を休めたわたしたちが中社へ車で向かっていると、ますます空が
暗くなり、とうとうひょうが降ってきました! すごい勢いで前がよく見えなくなる
ほどでした。
車の中で少し様子を見て雨脚が少し弱まったところを見計らって、中社を参拝
しました(こちらで最近集め始めたご朱印もいただきました)。


a0277094_14363818.jpg



ここまできたら、戸隠神社すべてを廻ろうということになって、次に火之御子社へ。
ここは本当にこじんまりとした、いかにも古そうな素朴なお社でした。


a0277094_1440366.jpg



最後は宝光社。 こちらは着いてビックリ! 目の前にものすごい数の急な石段が
そびえていたからです(涙) 
奥社であんなに歩いたのに、またこの階段を上らないといけないなんてショック~
でもここまで来たら全部制覇しないと悔いが残りそうなのでがんばることに。
(久々修行?苦行?系的な日になりました・・・苦笑)


a0277094_14424253.jpg



階段を上がり切って上から下を見るとこんななんですよ~(汗)
踏み外したら一気に下まで転がり落ちそう! 

a0277094_14483764.jpg



でもお社は彫刻などの装飾がとても凝っていて、見ごたえがあり素晴らしかったです!

a0277094_14494988.jpg



戸隠神社の各社のご祭神等についてはこちらをご覧ください。

  http://www.togakushi-jinja.jp/shrine/index.html
  


またそれぞれの位置関係についてはこちらの地図をどうぞ!

  http://www.togakushi-jinja.jp/shrine/zu/images/map_lrg.jpg



この後急速にお天気が回復してきたので、友人の提案で栗で有名な小布施まで
足を延ばして、見晴らしのよい日帰り温泉に入って帰ろうということになりました。
わたしたちが利用したのは「穴観音の湯」というところです。

温泉にゆっくり浸かり冷えた体をじっくり温めて、酷使した脚もよ~く揉んで労わり
ました(笑)
少し高台にあるので、夕陽が沈むと街の灯りが少しずつキラキラと瞬き出すのが
湯船から見えて、とてもきれいでした。。

温泉のあと、小布施で夕食をと考えていたのですが、予想以上に小布施の夜は
早くて、しかたなく甘味処で栗あんみつをギリギリいただいただけとなりました(涙)
でも疲れた体に栗あんの甘さがとってもおいしかったです♪
(次回はぜひ、有名なモンブランにトライしてみたいですね♡)


a0277094_1555238.jpg



翌日はうってかわって朝から暑いくらいのよいお天気! あまりにも差がありすぎで
思わず苦笑い。。 それでも晴れてくれるのはありがたいことです。
初日かなり体的にきつかったので、少し朝寝坊してたっぷり睡眠をとって、その後
ホテルの朝食ビュッフェでしっかりお腹を満たして(笑)から善光寺へ出発です!

駅前から門前までバスに乗るのですが、そのバスがすでに大混雑状態で先が思い
やられます。 たまたま隣同士になったオーストラリア人のおじさまに話しかけられ、
下手な英語でおしゃべりしていたらあっという間に着きました。
そこから参道がまっすぐに遠く正面の回向柱まで続くのですが、とにかくすごい人で
ゆっくり進むしかありません。 

立派な山門の両脇の仁王像の迫力がすごくて思わず目を奪われてしまいました。
これぞまさに筋骨隆々、力みなぎる何とも頼もしいお姿!
ただ網がしっかり張られているので、うまく写すことができなくてちょっぴり残念。。


a0277094_16163010.jpg



a0277094_16173453.jpg



だんだんとお目当ての回向柱が近づいてきました。 係の人の指示に従って横一列に
整列しながら進みます。
回向柱は本堂の中のご本尊のレプリカ(実物は絶対秘仏なので、残念ながら公開
されることはありません)と綱で結ばれているので、この回向柱に触れることで仏様と
ありがたいご縁がいただけるということです。


御開帳についてはこちらもご参照ください。

   http://www.zenkoji.jp/special_event



ついに自分の順番が来て短い時間でしたが、御柱にしっかりと触れて感謝の気持ちを
伝えることができました(その後本堂にて改めてじっくり参拝させていただきました)。


a0277094_16335851.jpg



a0277094_1762524.jpg



ちょうど回向柱に触れて本堂へ向かおうとしていた時、タイミング良く「お数珠頂戴」
といって、善光寺を代表する僧侶の方がお数珠でもって、参道に沿って頭を下げて
並ぶわたしたちの額や頭に触れて祝福してくださるという行事に遭遇し、わたしも
受けることができました。
そんなことがあることも知らなかったわたしが、偶然にもちょうどその場に居合わせる
ことができた幸運に、心から感謝の気持ちでいっぱいになりました。。


a0277094_16492011.jpg



この後ご朱印をいただくのに1時間以上並ぶことになり、またまたこの日も心身ともに
かなりの忍耐・根気を要することとなりました(涙)。
結局お昼も食べ損ねてしまい、いったんホテルへ戻って荷物を受け取り、駅でお弁当を
買って、帰りの新幹線の中でやっと食べることができました。


a0277094_7552987.jpg



一泊二日の短い滞在でしたが、戸隠神社と善光寺の両方をじっくり廻ることができて、
友人とも楽しい時間をすごせて、とても充実した旅になりました。
御開帳といえば、高野山も今年開創1200年の節目ということで、特別御開帳されて
いるそうです。 

皆さまもこの機会にお出かけになってみてはいかがでしょうか? 
わたしは次回は北陸新幹線に乗って、終点の金沢まで行ってみたいですね♪
by ayalove343 | 2015-04-19 17:06 | 旅(国内) | Trackback | Comments(0)
8日の皆既月食、皆さまもご覧になりましたか?
わたしはこの日急きょ用事ができて、なぜか博多で月食を見ることに
なりました。 

さいわい博多もお天気がよかったので、皆既月食の様子をはっきりと
見ることができました(もっといいカメラで撮れたらよかったのですが)。
薄赤い、まるで火星のような満月を見ていると、宇宙の神秘を改めて
強く感じずにはいられませんでした。


a0277094_22325344.jpg



宿泊したホテルが中州に面していたので、この中州にかかる橋の上で
月食を眺めることにしたのですが、大勢の人たちがこの日、同じように
橋の上から空を見上げていましたよ♪


中州の夜景☆

a0277094_22343369.jpg



ちょうど満月が全部影に隠れてしまう頃だったとおもいますが、同じ橋の上の
もう少し離れたところで、フィリピンの洪水被害への募金活動を呼びかける
熱心な男性たちの声がします。

こんな特別な夜だし、ホテルに戻る際に気持ちだけでも少し募金していこうかな
と、その人たちのところへ行くと、「あれ?どこかで見たことがあるような??」

よくよく見てみると、一人の男性が敷物を敷いてその上に座り、「インスピレー
ションでその人に向けてのメッセージを和紙に書きます」と、通りすがりの人たち
に訴えかけています。
その分フィリピンの洪水被害者の方たちへの募金をぜひ!ということでした。

まだ始まったばかりのようで、誰も足を留める人はいないようです。
そこで思い切って(わたしにしては珍しいことなのですが)一番に名乗り出ること
にしました。 そしてこの時初めて気が付いたのです。 
「あっ、やっぱりあの”てんつくマン”さんだ!!!」

実はずいぶん前からてんつくマンさんのことは、アメリカにいる知人や日本の
友人たちから何度かお名前を聞いていたんです。
でも直接お会いする機会はなぜか一度もありませんでした。

そうしたらこんな思いがけないところで(たまたま急きょ出かけた博多で)、しかも
皆既月食の夜に偶然お会いするなんて、本当に不思議なシンクロでただただ
ビックリの一言です(笑)
しかもてんつくマンさんもたまたま今日は博多にいらしていたとのこと、その上
こうして路上で言葉を書かれるのは実に数年ぶりのことだそうです! ワォ☆

初めてなのでいったいどんなふうに言葉をくださるのか興味津々でしたが、
反面ちょっとドキドキしながらてんつくマンさんの前に座ります。
たぶん2回ほどほんの5秒くらいわたしの目をじっと見つめただけで、すぐさま
体を大きく揺らしながら(この時イヤホンで音楽を聴かれていましたね)、一気に
目の前の和紙に筆で文章を勢いよく書き始めたのです!
圧倒されるような、ものすごい集中力でしたよ~


こんな感じでされていました。

a0277094_2345751.jpg



たぶん始めて書き終わるまで2分も掛かっていないのでは?というくらいの、
まさに一瞬の出来事でした。
わたしへのメッセージは達筆すぎて自分ではすぐには読めなかったのですが、
てんつくマンさんが読み上げてくださって、その内容にとっても感激しました♪
(気が付けば大勢の人たちがわたしの後ろをぐるっと取り囲むようにのぞき
 こんでいて、ちょっと恥ずかしかったです。。)


a0277094_23325116.jpg



それで何と書いてくださったかというと。。。恥ずかしながらご紹介しますね♪

「その愛にブレーキはいらない。 AYAKOの愛にふれて希望が見える人が
 いっぱいいるから。」

といただきました。  自分ではちょっと意外な内容で照れてしまったのですが、
わたしのことをよく知る皆さんはどうおもわれますか?

果たしてわたしはそんな大きな愛を本当に持ち合わせていられているでしょうか。。
もし仮にそうだとしたら、その愛をどうやって皆さんにお伝えしていけばよいので
しょう?
改めて自分に問うてしまうような、そんな深く心に響くメッセージでもありました。

この夜のことはてんつくマンさんご自身もブログに少し触れられているので、
てんつくマンさんのご紹介も兼ねて、よろしければぜひご覧くださいね!

http://ameblo.jp/tentsukuman-san/entry-11936577014.html

このメッセージをいただいたからなのでしょうか、この日の夜寝ようとおもって
横になった時、突然オフコースの「愛を止めないで」が頭に浮かんで、その後
この歌詞がグルグルとず~っと頭の中を巡って困りました(笑) 
(実はこの「愛を止めないで」についても面白いシンクロがあったんですよ♪)


                       ☆


皆既月食に関するシンクロはこれだけに終わらなくて、実は翌日にもまたまた
不思議なことがあったんです!
大事な用事は前日の午後に無事済ませていたのですが、せっかく博多まで
来たので、この日はどこか1ヵ所だけでも気になるスポットに少し立ち寄って、
夕方東京へ帰ることに決めていました。

あまり人の多いところには行きたくなかったので、検索して不思議に導かれる
ようにたどり着いたのが、大宰府近くにある「宝満宮竈戸神社」でした。


竈戸神社についてはこちらのHPをご参照ください。

http://kamadojinja.or.jp/


バスを下りてすぐの鳥居の下で、何やらまたもや見覚えのある人が神社の
宮司さんらしき方とお話されています。 
「あれ? もしかして!? でもまさかこんなところにこの人がいらっしゃるわけ
ないか?」
とすぐに思い直し、軽く会釈して通り過ぎようとしたら、なぜかお二人と目が
合ってしまいました。。


a0277094_1212165.jpg



そうしたらやっぱりあのフラワーBOXで有名な、フラワーアーティストの
ニコライ・バーグマンさんだったんです! 皆さま、ご存知でしょうか?
わたしはテレビで何度か紹介されているのを観たことがあったので、すぐに
わかりました(ミーハーですよね~笑) 
フラワーアレンジのセンスが好きで、わたしもいつか何か特別な時に利用して
みたいなとおもっていたんです。 それにしてもなぜこんなところに???


こちらがニコライ・バーグマンさん♪ (実物もハンサムでステキでしたよ~♡)

a0277094_12496.jpg



ニコライさんのHP

http://www.nicolaibergmann.co.jp/

ちょうど翌日からなんと、ニコライさんのお花のイベントが大宰府天満宮とこちらの
神社で始まるのだそうです! その準備で今日はいらしていたとのこと。
一日違いでお花たちの展示を観られないのは残念ですが、それでもご本人に
こうして偶然お会いできただけでも十分嬉しいサプライズでした☆


ニコライさんのイベント紹介のポスター発見!

a0277094_1121458.jpg



本殿へと続く上りの石段のところにも、ニコライさんによるピンク色のお花の鉢が
きれいに飾られていました。 華やいでいい感じです♪


a0277094_123177.jpg



この神社は信仰の山として有名な宝満山のふもと(といってもかなりの高台に
なるのですが!)、緑に囲まれた静かな場所にあり、端正なたたずまいで美しく
清々しい気に満ちたとても素敵な神社で、一目で大好きになりました♪
社殿は最近立て直されたばかりなのでしょうか、新しくてとてもきれいでした。


a0277094_1255494.jpg



a0277094_1308100.jpg



かなり高台にあるので、大宰府の町を一望できます。

a0277094_1304867.jpg



神社に降り注ぐ光もとってもきれい~☆

a0277094_1343687.jpg



とにかく気持ちのよいところですっかり気に入ってしまったわたしは、予定よりも
ゆっくりこちらですごしました。
たくさんのよいエネルギーをいただけてよかったです♪

後ろ髪を引かれつつ神社をあとにしたわたしは、行きのバスの中から目に留まり
気になっていたお店に、遅いランチに行ってみることにしました。
神社の鳥居から歩いてすぐのところにあります。

中に入るとアンティ―クテイストの、なかなかにセンスのよいお洒落なカフェです。
人気のお店らしく、元気なおばさまたちのグループでいっぱいでした。
お勧めの「ハンバーグとアップルパイ、ドリンクのセット」をオ―ダ―しました。

小ぶりのハンバーグは鉄板の上でジュージュー熱々の状態で出てきました。
サラダも付け合わせの温野菜もとってもおいしかったです!
食後のアップルパイがまた自然な甘さでおいしくて、ミルクティーともよく合って
大満足のランチとなりました♪
近かったらちょくちょく通いたいなと思わせるような、素敵なお店でしたよ~


a0277094_151205.jpg



カフェ「人と木(ヒトトキ)」

http://tabelog.com/fukuoka/A4003/A400301/40024710/


さてバスに乗って西鉄の大宰府駅前にいったん戻り、まだ少し時間があったので
大宰府天満宮ではなく、反対側にある光明禅寺というお寺に行ってみることに。
なぜこのお寺かということ、まるで京都にあるような枯山水の庭や苔の美しい庭で
有名なところだというので惹かれたんですね。


光明禅寺  http://www.dazaifu.org/map/tanbo/tourismmap/2.html


ほとんどの人が大宰府天満宮のほうへ行くので穴場かなと期待していたのですが、
予想よりも人が多かったのはちょっと残念でしたが、お庭は本当に苔が見事で
青紅葉が目になんともさわやかで、いつまでも静かに眺めていたくなるようなとても
素晴らしいところでした(電車の時間がなければもう少しゆっくりできたのですが。。) 
青紅葉を時おり優しく揺らす風がすごく気持ちよかったです♪


a0277094_210698.jpg



a0277094_2103875.jpg



a0277094_211584.jpg



a0277094_2113267.jpg




この後は駅まで続く参道で大宰府名物の焼きたての梅ヶ枝餅をしっかりGETして、
帰りの電車の中でコッソリ怪しく(笑)お茶と楽しみました。
突然降って湧いたような、たった一泊二日の博多へのショートトリップでしたが、
皆既月食のおかげ(?)なのか、不思議なシンクロいっぱいのとても素敵な旅に
なりました♪
(また大きな台風が来ているので、皆さまくれぐれも気を付けておすごしくださいね!)
by ayalove343 | 2014-10-12 02:42 | 旅(国内) | Trackback | Comments(2)

新緑の湖へ

梅雨に入ったとたん、雨降りのうっとうしい日がずいぶん続きましたね。
皆さまお元気におすごしでしょうか? 
明日からようやく晴れてくれるようですが、その分暑~くなりそうで
それはそれで覚悟がいりますよね。


雨は苦手なわたしですが、雨に濡れる紫陽花はみずみずしくて本当に
きれいですね♪
紫陽花につられて雨にも負けず(笑)、ご近所散歩にこのところマメに
出かけています。



a0277094_013288.jpg




母の引っ越しの手伝いでバタバタとしている間に、5月の誕生日も
すぎてしまい(涙)、気がつけば6月もそろそろ半ばですね。
というわけで、またまた久々のブログとなってしまいました。。


5月はそんなこんなであまり遊びの予定も入れられずにいたのですが、
するとある日無性に湖を見に行きたくなってしまいました。
それで比較的行きやすい箱根の芦ノ湖に出かけることにしました。
(もう一ヶ月近く前のことになってしまいましたが)


わたしは海も好きなのですが、なぜか時々どうしても湖に行きたい!と
いう時があります。 鏡のように景色をそのまま映し出す、波のない
静かな湖を眺めていると、ものすごく心が落ち着いてくるんですよね。
自分の心が静まっていくにつれ、マインドもクリアになっていきます。
瞑想的にすごすのに、わたしの場合は湖が一番しっくり来るようです。


特に早朝の芦ノ湖は清々しい空気に満ち、静寂そのものでとてもとても
美しかったです。 聴こえてくるのは鳥のさえずりだけ。
視界が開け、耳の聴こえもよくなり、しだいに五感が研ぎ澄まされていく
のを感じます。
湖畔のベンチに座り、待ち望んでいた景色を心ゆくまで味わいます。。



a0277094_003632.jpg




a0277094_03595.jpg




この日の芦ノ湖は風がなかったので、湖面がまさに鏡のようでした。
(お天気はよかったのですが、それでも残念ながら雲がかかっていて、
 富士山は見えませんでした)



a0277094_04157.jpg




a0277094_045951.jpg




せっかく箱根まで来たので、どうせなら箱根神社や九頭龍神社等にも
参拝できればよかったのですが、今回はとにかく湖のそばでゆっくり
静かにすごすことを大事にしたかったので、欲ばらないことにしました。
その代わりロープウェイで駒ケ岳の山頂に少し立ち寄ってから帰ります。



a0277094_1393558.jpg




a0277094_1401681.jpg




山頂からの眺めよりも、ロープウェイから眺めた山を覆う木々の新緑の
色合いが何ともいえず美しくて見とれてしまいました。。
(なぜかちょっと絵のような写真になりました)



a0277094_1475813.jpg




a0277094_1481654.jpg




近場の箱根へのショートトリップでしたが、それでもとてもよい気分転換に
なりました。
自然の中、特に水辺のあるところへ行くと生き返るような気持ちがします。
湖のそばに住むのもいいなぁなんて、おもわず妄想が膨らみます(笑)



a0277094_221346.jpg




最後に先日久しぶりにテレビで10ccの大好きなこの曲を聴いて、すごく
なつかしくなったのはもちろんのこと、今聴いても本当にステキな曲だなぁ♡
と改めて感じました。 皆さんにもご紹介しますね♪
(それにしてもかなり時代を感じさせられる映像ですよね~笑)




by ayalove343 | 2014-06-13 01:59 | 旅(国内) | Trackback | Comments(2)

初夏の信州(安曇野)へ


信州の友人に会いに、一泊二日で安曇野に行ってきました。
安曇野に行くのはなんと中学の修学旅行以来! いったい何年経ったのでしょう?(笑)
初日はあいにく一日中本降りの雨になってしまいましたが、翌日は朝からさわやかな
青空が広がり太陽がまぶしくて、暑いくらいのよいお天気になりました。

駅前で可愛らしい自転車を借りて、山々のあざやかな緑を眺めながら、気持ちよ~く
サイクリングを満喫しました。 
どうです! このむせかえるような濃い緑と澄んだきれいな川の流れ!! 
見ているだけで清涼感いっぱいになって、なんともいえず癒されませんか♪
日本じゃないみたいですよね。 イギリスの田舎みたいでしょう?



a0277094_23185380.jpg


a0277094_23201258.jpg

by ayalove343 | 2012-07-10 23:29 | 旅(国内) | Trackback | Comments(9)

ソウルプラン、絵本、そして地球ライフを愛するAYAが、世界のステキな場所や日々のくらしの喜び&しあわせなひとときを、写真をたっぷり添えてご紹介します。


by ayalove343